駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

長い付き合いと一回その場だけでは違う

2017年09月19日 | 診療

          

 今日も晴れて気持ちの良い朝だった。運動会が延期されてグランドに残されているテントが、秋空の下に映えていた。

 名前は失念したが、昔生物人類の歴史を語る名講義をしながら全国の小学校を行脚している教育者が居られた。確かに感動を与える名講義で受講後の感想文にも力が入っていたようだ。私は教師ではなく唯感心するばかりだったのだが、教育学者の中からチクリと一回の名講義は授業とは言わないという批判があった。多少、立て板に水の弁舌に対する反発もあったのだろうが、この批判になるほどと思った記憶がある。

 私は内科医なのでアルコール中毒患者を診ることは少ないが、それでも二三年に一人くらいアル中で高血圧と言った患者さんが受診される。多くは精神科にも通院しておられるのだが、中には中断して家族が困っている患者さんも居る。結構女性が多く、男と半々の印象だ。A子さんアラフォーで結婚もされているのだが、中々アルコールが止められない。ちょっと手足に痺れ感があり、あそこがいいよと言う隣人が居たようで、某病院の神経内科を受診された。中々熱心な先生で紹介状というかイエローカードというか、この患者さんにはこうしなさいああしなさいと注意がいっぱい書いてある当院宛の手紙が郵送されてきた。こうもしているしああもしているのだが、指導力不足か糠に釘であんまりうまくいっていないのは確かだ。自分の指導力不足も感じたが、一回診ただけであれこれ言うのは簡単だけど、長い付き合いで矯正してゆくのは簡単ではないと、お若い熱心な医師に申し上げたい気持ちにもなった。

 二年間で僅かだが素面が増えてきているので、及ばずながらまあまあかと入院しかないと匙を投げかけている精神科医と協力してやらせていただいている。よくあることなのだが、家庭環境まで踏み込まないと中々難しく、力及ばずなのは確かかもしれない。しかしまあ、一回だけの診察を診察とは言わないと嘯きたくもなる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ今、解散するのだろう | トップ | 三重苦で二八蕎麦は四六の蝦蟇に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

診療」カテゴリの最新記事