駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

初秋から晩秋に突入

2016年10月31日 | 人生

   

 高々13,4Cで寒い寒いと言えば北国の人に笑われるだろうが、もう丁度良いを通り越し寒いのだ。医院の玄関を開けても誰も待っていない。この程度の寒さでも、寒くなり始めは患者さんの出足が悪くなる。

 明日から十一月で晩秋の気配がある。中秋があったのかなかったのか、十日間ほどの中秋で、初秋から数日で晩秋に突入する感じがある。十一月というと、もう今年も終わるなと、忙しない感じがしてくる。

 こういう引用をすると不謹慎と言われるかも知れないが、まあ無事平穏に暮らしている私も人生の秋に何を残しただろうと寝床の中で考えることがある。つい先日、年に数回会って話をする年下の知人が亡くなった。丁度一ヶ月ほど前会食でお会いしたばかりだ。その時は元気そうで、「先生、いつもありがとうございます」と十年ほど前一寸手助けをしたことのお礼を言われ「とんでもない」とお答えしたばかりだった。出血性脳梗塞だったようで、亡くなる数日前会った人は、会話がスムースでなく返事に間があり頓珍漢なことを答えられたので変だなあと思ったと言われた。前兆があったようだ。大変な飲酒家だったので、周りの人も気付きにくかったらしい。

 しかしまあ、こうしたことがあると、何と言うことだ人生は儚いなあと感ずる。自分も思い残すことのないように生きなければと考えて、果たして私は何を残しただろうと虚を突かれた。市井にあって一降りの塩程度でも、もって瞑すべしなのかも知れない。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遠くを見て動く | トップ | 雨で始まった11月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

人生」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。