駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

アウエーで勝ち点一はまずまず

2016年10月12日 | スポーツ

          

          

 午後5時からメデイア情報をすべてカットし、ロシアワールドカップ予選を録画で観戦した。開始五分原口の見事なゴールでこれは勝てそうと思ったのだが、原口の寄せで相手が転びPKを与え引き分けてしまった。勝てた試合だったと思う。しかしアウエーでの引き分けは合格点だ。

 ハリル監督が名指しで本田のできの悪さを指摘したが、確かに身体の切れがもう一つで、チャンスに決めきれなかった。もう少し早く、後半十五分くらいで浅野と交代させた方が良かったと思う。相変わらず冴えない香川に代えて、清武を後半の早い時期から投入すべきだった。過去の実績や評価を選手起用の決め手にしてはならない。

 上手く守れていたので、ハリルの逡巡は懸念材料だ。重い緊迫した試合で的確な判断が出来るのが優れた監督で、ハリルに証文の出し遅れ?が見られたのは残念だ。選手の選択と作戦では、まずまず納得の線を出しているが、重圧が掛かった時の判断力には懸念が残る。オフト、ジーコ、ザックとここ一番で間違えてきた。今まででは岡田監督が実績でも判断力でも一番だと思う。ハリルは岡ちゃんを越えなければならない。

 NHK解説の早野と福西で意見が割れた。私は福西の見方を支持する。アウエーでは負けないことが第一になる、引いて守ったのはやむを得ない作戦だったと思う。

 サッカーの記者は勉強不足というかサッカー観戦経験が足りないと思う。話題作り人気選手作りで記事を書いているところがある。地味な人物では売れる記事は書きにくいかもしれないが、ビッグマウス本田以外にも目も向けてほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診療の拒否権と自己責任 | トップ | 陛下のお言葉に医師は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。