駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

日本人と憲法、NHKの世論調査

2017年05月01日 | 町医者診言

        

 明後日は憲法記念日、憲法も七十歳になる。七十歳と言うと随分高齢のようだが、今の七十歳は老け込む年齢ではない。しかしまあ、七十年は一生の長さではある。その七十年経って果たして憲法はみんなの憲法と言えるようになっているだろうか。憲法より一歳年上の自分には義務教育できちんと憲法を習った記憶がない。幼稚園児に教育勅語を摺り込むのは不要だが、中学生に憲法を学ばせるのは必要なことだと思う。憲法全文をきちんと読んだことがない人が、押し付けられたから?駄目だというのはフライングだ。

 自分は憲法を還暦を過ぎてから読んで勉強したので残念だが暗唱できない。それほど長くないので、中学時代にみっちり勉強すれば暗唱できると思う。自分は憲法も、十分論議を尽くせば時代に合わせ改正してもよいと思っている。ただ、何を変えるか言わないで変えようなどと主張するのは、あまりに戦略的で狡いと思う。それにしても、憲法に新たに盛り込むべき権利の世論調査結果は、数多いマスコミの流布する論調と乖離し、私には納得の結果で驚いた。

 弛るんでいる安倍内閣の支持率の高さに唖然とするが、NHKの日本人と憲法という世論調査の結果を見て、国民はちゃんと物事を見ていると感じた。憲法改正は政府にして欲しいことのダントツの最下位だ。改憲の論議は深まっていないとする人が七割ということは、都合の悪いことを覆い隠くして擦り抜けようとする政府の姿勢を見抜いているからだろう。

 安倍首相にはこのNHKの日本人と憲法という世論調査をじっくり見ていただきたい。自分の手で改憲をというのは諦められたらどうだろう。安倍さんでなければ話に乗るという人も多そうなので?、その方が前へ進むのではないかと推測する。高い支持率は生活支援に期待する人とお粗末な野党のお陰だろう。

 https://www3.nhk.or.jp/news/special/kenpou70/yoron2017.html

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンウイークは近場で | トップ | 一言では言えないのだが »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
憲法の授業 (黒幕子)
2017-05-01 21:34:40
終戦後数年の授業は地方や学校いやむしろ先生個々人の能力・考え方 熱意によってまちまちであったようです。
私の場合は小学校3年生で憲法を習いました。国会議事堂が表紙の薄い小さな副読本でしたが、若い先生がとても熱心で私の成長過程で価値判断の基準は憲法でした。
もちろん全文詳細を理解したわけでも暗唱したわけではありませんが、前文と平和主義 戦争放棄 基本的人権
男女平等はたたきこまれた印象があります。したがって、そのような部分が改憲されるのは反対ですが時代の要請で加憲すべき点はあると思います
ああ、そうでしたか (arz2bee)
2017-05-01 22:17:51
 私も授業があった記憶はありますが、たたき込まれた印象はありません。未だ先生方に戸惑いがあったようです。勿論、私が良い生徒ではなかったのかもしれませんが。
 半世紀も経てば憲法でも改正点した方が良い点は出てくると思いますが、世論調査結果が示しているように、改憲の論議は全く不十分と思います。国会議員にも憲法をよく知らない人尊重しない人が居ると思います。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。