駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

MBL観戦,マエケン残念

2016年10月16日 | スポーツ

               

 今朝は時間がありMBLナショナルリーグ王者決定戦を観た。残念ながら前田は出だしで打たれ3失点し、4回で降板した。ドジャーズは8回にいったん追いついたものの後続投手が満塁ホームランを打たれて負けてしまった。

 贔屓目かもしれないが、マエケンちょっと運も悪かった。ブライアントのレフトフライは二塁打になったが、外野手の出足が良ければ捕球できたような気がする。前田が打ったヒットで二塁ランナーはスタートが良ければ生還できたと思う。まあしかし、結果がすべて、一二回は緊張からか甘い球があった。次のチャンスが与えられるのを祈りたい。

 私には日本のプロ野球よりもMLB方が面白い。なぜかは上手く説明しにくいが、余計なものがなくゲームそのものを楽しめる。そしてフェアな感じがする。勿論、日本の野球がフェアでないという訳ではないが、何かどこかに夾雑物があるような気がする。

 ファンを観ていても、野球が文化で大げさかもしれないが、社会をまとめる力まで持っているように見える。

 前田健太が投げたからこのゲームはドジャースを応援したが、実は判官贔屓ではないが山羊の呪いが解けないカブスを応援している。百年以上ワールドチャンピオンになっていないチームは応援してやりたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何を旨いと感じるのだろうか | トップ | 君知るや略語の意味 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。