駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

理由なき反抗ならぬ理由ある反攻

2017年09月25日 | 政治経済

 

 何度も安倍首相を名演技の名優と評してきた。どういうわけか名優は、一年ほど前からは表看板にしてきた経済政策の衣を脱いで、本丸の安倍的理想郷への回帰路線を演技抜きで打ち出し始めた。しかし、思わぬ誤算の森友加計で躓き、再び丁寧な言葉遣いの説明という演技を始めた矢先、北の脅威と躓く民進党により思わぬ支持率回復が得られた。そこで千載一遇,今が最小議席喪失で済むタイミングと計算して突然の解散に打って出た。

 有権者は忘れっぽく権力になびくと読んでの作戦と思われるが、果たして今回思惑通りにゆくだろうか。確かに民進党はふらついているし、小池新党は泥縄で間に合うかどうか怪しい。しかし、それほど国民は忘れっぽくはないと思う。北の脅威を強調し、世界にそれを訴えておきながら政治空白を作るのは矛盾している。萩生田氏は強面を止め、穏やかな語り口を装っておられるが、安倍首相主導の解散ではないと睨むところには地が出ていた。しかし、首相に聞いてみないと大義が分かりませんと言うのでは、首相主導の解散と語るに落ちている。

 衆議院選挙には時間と多額の費用が掛かる。今、政治的空白を作り、仕事人内閣に何も仕事をさせず、選挙に一か月の時間と大金を使う大義があるとは思えない。安倍利安倍略では折角の首相の業績に傷が付いてしまう。北への圧力には反対しにくい、しかし圧力を掛けてどうするかを言わないのは片手落ちだ。結果を出すのはいいが、悪い結果を出されては敵わない。

 しかし、どうも野党、特に民進党は不甲斐ない。前原さんはもっと強くならなければ駄目だ。山尾、きちんと叱責した、それでどうしたと微動だにしない迫力が必要だ。唯一、健在なのが嫌われ共産党だが、志位さんには昔の名前を捨てなきゃあとアドバイスをさせていただこう。

 一番の問題は下司路線のマスコミに引っ張られる有権者かもしれない。守ってくれない大樹に寄り添っては詰まらない。生存の鬩ぎあいの政治は単純そうで複雑なのだ。私も乏しい知恵を絞って俄作りの公約の贋真を見極めたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋は盲目科学も盲目、政治は | トップ | 主権在民、国民は考える »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治経済」カテゴリの最新記事