駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

トランプとルペンの世界は

2017年04月24日 | 世の中

        

 フランス大統領選挙はルペンとマクロンの決選投票になった。マクロンのことはよく知らない、マカロンに似て甘くハンサムで女性に人気かというつまらない連想が働く程度だ。ルペンにしてもフランス第一(正確には私を支持するフランス人第一)と叫ぶ極右の女史という程度の知識しかない。しかしまあ、移民排斥異論排斥純系尊重と極右の主張は似ているので、想像はさほど外れてはいないだろう。既存メディアを嫌いツイッター多用して支持者に呼びかけるところなどトランプに似ているとする報道もあるが、似ていたとしてもお互いに自国第一自分第一の人だから、連携するとは考えにくく、連携できるところは少ないだろう。それにトランプはアメリカーファーストといってもアメリカの利益ファーストでイデオロギーの香りは薄く極右の人ではないと思う。

 一昨日、勉強会で偶然後輩のT君と一緒になったのでちょっと話をした。最近、当地に珍しい高層マンション最上階に移ったと聞くので、見晴らしはどうと聞くと「僕は高所恐怖症なんで、家内は喜んでいますよ」と言う。唯、趣味のフルートの練習は楽しいという。周りに音が響かないのと驚くと、最上階の他の部屋は人が住んでおらず、週末時々来るだけなんですよと、びっくりすることを言う。「なんだかよくわからないんですけど、資産家は投資で最上階を買うみたいで、京都や東京の人らしいですよ」。

 どうも何だか、よく知らない世界があるらしい。都会の高級住宅地に医院を開業すれば、そうした世界を垣間見られたかもしれない。真逆の生活保護の患者さんを数多く見ているので、そうした世界には詳しくなり実感による知識も豊富になったが、世界は横だけではなく縦にも広がっているようだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池知事を誹る男達 | トップ | 社会の懐が浅くなった? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世の中」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。