ありゃりゃゴルフ.esp

建築と散歩とブログと漫画とご飯と写真とアコギと自転車とYesと小石川後楽園。
定年まであと4年?妻と二人。

市ヶ谷二十騎町での邂逅

2017年05月20日 | 日記B
そもそものきっかけは火曜日の夜にマツコの知らない世界を見たことで、それで美味しい坦々麺を食べたいなと思って早めの時間に梅香に向かったのでした。
11時半前に着いていれば開店と同時に入れるはず、と踏んでいたのですがまだオープンしていない店中を覗いてお店の人に聞いたところ開店は12時だとか。
わー、ここで40分待つのはさすがに無理だなと思い隣りの紅樽坊に飛び込んで辛味麺とチャーハンセットを食べたのでした。
お店を出ても12時前だったので、このあたりでまだ足を踏み入れていない道をつぶしておこうと市ヶ谷の高台方向に入ってのんびり散歩に向かいました。

市ヶ谷の高台は江戸時代の武家屋敷跡で、やっぱり江戸時代の人も偉い人は高台に住みたかったんだなあと散歩していてしみじみ思います。
箪笥町、北山伏町、弁天町みたいに昔の地名のままなのもいいですね。これが「市ヶ谷東一丁目」「市ヶ谷東二丁目」とかに変えられたら風情のかけらもありません。
上の写真の洋館は市ヶ谷甲良町を走っていて見つけました。ただならぬ風情は大正8年築という歴史の重みが紡ぎだすもの。
他にもいくつか興味を引く建物があったのですが、物語はその直後にありました。

そのまま進んでいくとまた神楽坂に戻ってしまうあたりで、Uターンしたところで自転車に乗った女性に声を掛けられました。確か「ビーサン」と。
いや、私はビーチサンダルではないけどとは思いませんでした。「Bさん」です。知り合いの中で私のことを「Bさん」と呼ぶのはただ一人しかいない。(Reeさんです)
でも目の前でこちらを見ている女性はReeさんではなかったので私はその人が誰なのかを悟りました。

この辺り、正直若干パニくっていた部分もあったので記憶も不確かなのですが、覚えているのは「わたしが誰かわかりますか?」と聞かれたこと。
「はい、motoさん!」と答えたと思います。他に思いつく相手はいないので。
motoさんは昨年の春ぐらいからここでコメントを書いてくれるようになりました。そもそものきっかけは放射25号線で検索して、、だったかと思います。
明るい文体、的確で時にユニークな視点、時折見せる天然ぶりが面白くて、私はコメントをもらったり返したりするのを楽しみにするようになりました。
私の職場とそれほど離れていない地域にお住いのようで、私もお昼ご飯や仕事で行く方面でしたので、いつか偶然会う時があるかも、という薄い期待はありました。
とはいえ、人と人が街中で偶然出会う確立と言うのはそれほど高くはありません。しかもこの場合、顔を知っているのは片方だけだし。
偶然同じ時間に同じ場所にいて、motoさんが私を見つけて名乗り出てくれない限り二人の人生が交錯することはあり得ないのです。でもそのキセキが昨日起きたのでした。

うれしいことでした。本当にそう思います。
今にして思えば、5月6日のブログのコメントで「Bさんと遊佐未森と栗コーダーと種ともこと私がようやく実ったって感じです~!」ってなってたあたりから
すでにこの時のための予兆はあったのかも知れませんね。

あたふたしながらこんにちははじめましてなどとあいさつを交わしながら、いつもの癖でそうだ証拠で記念写真を撮っておかなければと考えて
あたふたしながらi-Phoneを牛込三中の壁に置いてタイマーで一緒に写真に写ってもらいました。

想像していたのとかなり違うスリムな美人さんだったので驚きました。本当はモザイクなんかなしで大きいサイズで見せびらかしたいところですが
さすがにそれはマズいと考えてこのようにしました。問題あればすぐに言ってください。あと一人だけだと不公平なので私にもモザイクをかけておきました。

ほんの少し立ったままお話をして、そしてじゃあまたとそれぞれの方向にそれぞれの自転車にまたがって別れました。
じゃあまたなんて言って、「また」がある確率はやっぱり低いんだろうと思いますが。
それでもまた昨日のような気持ちの良い午後に偶然すれ違う日があることを、種ともこと栗コーダーに祈ろうかなと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 江戸川橋 新雅のチャーハン | トップ | アドニス真夏日 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついに登場しちゃいました (moto)
2017-05-20 20:04:41
いつかきっと、ばったり遭遇することがあるに違いない!と思っていましたが、まさかそれが昨日とは!!
そして神楽坂ではなく、あの場所とは!!

いつもは大久保通りをダーッと走るのですが、この日はたまたま、寄り道をして買い物をしたのです。
全く通らない道ではないけど、月に1度、通るか通らないかの道。
しかも、私の行動時間は11時頃と17時頃がメインなので、あの時間にあの場所にいることはこれまでの人生の中で初めてのことでした。

んん??あれ??もしかして??自転車は!?と思っていたら、急にUターンしてこちらに戻ってくるので驚きました~。
本当にあんな風にウロウロされているのですね(笑)

「想像していたのとはかなり違う・・・」って、どんな風に思われていたんだろう、私(笑)
ちょっと気になるけど、聞かないでおきます~。
Bさんは想像通り、ダンディでおちゃめな方でした。

またきっと遭遇すると思います~!
良い1日になりました。
出会い (気まぐれ)
2017-05-20 22:06:53
良いですねぇ・・・ 
お二人の様子を想像すると、何だか私まで嬉しくて気持ちがほんわかとなりました。
Unknown (Ree)
2017-05-21 00:28:41
顔をオープンにしているとあり得るってことですよね。
ブログをしていなかったら絶対に話すことはなかった二人の出合い。
本当に面白いです。
それにしても奇遇でしたね。
私たちは示し合わせて会ったけど、Bさんたちはこうしてばったり会って、声をかけられて・・・。
声こそかけないにしても、もしかしてどこかで
あ、ありゃりゃのBさんだ!って思っている人がいるかも知れません。
motoさん (B)
2017-05-21 05:20:04
長生きしてると面白いことがあるものです。
今にして思えば、あの時突然Uターンしたのも、
後ろかmotoさんが発信して来るなにかをキャッチしたのかも知れません。

・・・みたいなことを人は言いがちですが、あの日の散歩中だけでも
20回以上はUターンしてましたから、私はUターンが好きなんですね、きっと。

せっかくの奇跡に恵まれたのにちょこっと立ち話して写真撮ってバイバイして、
それだけでよかったのかな。と、少し悔やんでいる部分もあります。
でもFBも何もやっていないとおっしゃるし、あそこで名刺渡すのもアレですし。
でもまあ映画やドラマでもファーストエンカウントってそんな感じですよね。
あじわいがある思い出になりました。
気まぐれさん (B)
2017-05-21 05:21:40
ということでコメントの常連さんとしては
お会いしていないのが気まぐれさんだけになりましたね。
そのうち福岡あたりでも散歩してみます。とりめしも食べたいし。
Reeさん (B)
2017-05-21 05:28:35
Reeさんだってtakakoさんだって、最初はコメントの世界だけで知ってる人でしたね。
なんかもう十数年になるんでそのあたりもおぼろげな記憶になって来ましたが。

リアルな知り合いでも「読んでいる」と言わないけど実は読んでいるという人もいて
急に「実はこっそり読んでます」なんて言われて驚くことも多いです。
そういう時は恥ずかしいです。

Reeさんも、ブログはともかくお店のHPあたりだと
ホントは二人でにこやかな顔写真を出しておくといいんですよね。
野菜とかでも最近生産者の名前と顔写真がついていることが多いじゃないですか。
ペンションのホームページとかでもそう。
最初に顔が見えていることで、警戒するこころがかなり薄れて
声を掛けやすくなることが統計上で証明されています。
Bさん (moto)
2017-05-22 09:16:49
人と人との出会いって不思議なものですね!
偶然とか必然とか、中学生のポエム的なことをぼんやり考えたりしちゃいました。
私が中学生のときにはブログなんてなかったけど。
きっと今は、もっと簡単にいろんな人と繋がるんだろうな。

超アナログ人間な私がデジタル文明の恩恵にあやかってBさんと出会うとは、何とも不思議なものです!
motoさん (B)
2017-05-22 21:55:53
去年の今頃、facebookを初めて1年で「友だち」の数は100人超えています。
500人とか2000人とか「友だち」がいる人もおおぜい見かけます。「友だち」の大安売りです。
ドラクエのメダルを増やすような気持ちで友だちが増えてもしょうがないので
もう自分から申請して友だちを増やすことは止めました。

ブログのコメントの繋がりだってSNSには違いないのですが、
実世界でリアルで偶然出会ってしまったので
デジタルなSNSはただのきっかけにしか過ぎなくなりましたね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。