月と空の浜辺

趣味についてのブログ。
ゲーム、映画など、各種作品について。
フェアレディ Z34や自動車のお話など。

PSO2 DPSとは? ファンタシースターオンライン2コラム

2015-01-25 19:10:00 | PSO2

月と空の浜辺 孤島の宿
PSO2(ファンタシースターオンライン2)攻略記事まとめ
関連記事
基本的なFPS用語


「君のDPSいくつ?」「このPAのDPSはいくつくらい」みたいな会話、聞いたことありますね。

そもそもこのDPSってなぁに?という話です。

イメージしやすい例として「車の燃費」という言葉と入れ替えてみると・・・?

「カタログ燃費と実燃費」といえばわかりやすいかな?(^-^)

 

そもそもDPSとは略語です。

Damage Per Second」「Dam/Sec」ということですね。

直訳すると「1秒あたりのダメージ量」となります。

厳密に言えば「特定条件下における」DPSという意味合いです。 

そのため「特定条件」とセットでないと「DPSという言葉は使えない」わけです。

 

では一般的な「特定条件」とは何か?という事になりますが、そもそもDPSは攻撃力の指標として使われる言葉です。

そのため「最も理想的な条件」においての攻撃力となります。

例えば「PP無制限の状態で特定PAを連発した場合(例:リミットブレイク時にBHS連発)」や「特定アクティブスキルをJAで連発し続けた場合(例:フォトンブレードフィーバー連発)」のDPSなど。

そのため「DPSを単純比較しても意味は薄い」と言えるでしょう。

注釈:本来はゲームシステム側で表示されるべき項目=それが基準となったりしますがPSO2には存在しません。

 

これは車の燃費で言う「カタログ燃費」にあたりますね。

一般的に「プリウスの燃費っていくつ?」「リッターあたり30kmだよ」という会話に近いものです。

しかし「実際はそんなに走らないでしょう?」「乗り手によるけど、実際は8がけ(カタログの8割程度)で、24kmくらいかね」というように「実燃費」は異なってきます。

 試験場と異なり、街乗りでは信号の有無や、その他の車両の影響などで、カタログ通りの燃費が出ることは少ないでしょう。

 またドライバーの腕前でカタログ燃費に近づけることができたり、特定状況下では上回ったりもします。

 

先の例における「異なる条件のDPSを比較する」ことは、車とバイクで「加速力や燃費を比較」するようなことで、意味は薄いでしょう。

(バイクはプリウスより加速も燃費も優れていますが、プリウスを買う人のほうが多いでしょう・・・) 
 
 
話は戻って、この「実燃費」に当たるものが以下のものです。

戦闘全体でのDPSの平均値は「アベレージDPS」あるいは単純に「アベレージダメージ(AveDmg:平均ダメージ)」となります。

戦闘において重要視される項目であり「結果」と言って良いでしょう。

そういう意味では「比較」するための数値とは言いがたいですね。

 

また似たような言葉として「瞬間ダメージ」という物があります。

文字通り「その瞬間でのダメージ量」ですので、そのタイミングでの話題にしか意味はありません。

今時の自動車にある「瞬間燃費計」などで見られるのでイメージしやすいでしょう。

例えば「下り坂はエンジンブレーキが掛かっている(燃料を消費していない)のでリッター60km以上の燃費をマーク」しますが、ソレが有効なデータとは言えないでしょう。

 

※ここからはPSO2のゲームに関わるお話

「ではどのステータスを上げると良いの?」というような話題です。

 

主に「DPSを上げる」のは「攻撃力を上げる」と言い換えても良いでしょう。

該当する、打撃力、射撃力、法撃力などの最大値を上げることですね。

これはわかりやすく、多くのプレーヤーは「特殊能力で攻撃パラメータを伸ばせば良いだろう」と考えると思います。

大体、その考えで良いと思います。

 

しかし・・・。

PPは「プレイヤースキルによるアベレージダメージの底上げ幅」を引き上げます。

最大PPとは「リザーブしておけるプレイヤーの行動力の総量」と同義です。

最大PPが多いほど「多くの状況に対応出来る可能性が増えます」

 

一例として、

「攻撃力100でPAが5発連続で撃てるキャラ」と

「攻撃力120でPAが3発連続で撃てるキャラ」がいたとします。

PSO2と言うゲームは「特定タイミングに攻撃チャンスが発生するゲーム」です。

 

「PAを3回撃てる状況」では、攻撃力120*3回撃てるキャラの方が攻撃力が高い。

ただし「PAを5回撃てる状況」では攻撃力100*5回うてるキャラの方が攻撃力が高い。

攻撃力を上げたタイプは4回目を打てずにPP回復行動(通常攻撃やPP回復武器に持ち替えなど)になってしまうと、折角のチャンスを逃してしまう。

 

では「PAを3回撃った後、PA2回分回復したタイミングで再び3回撃てる状況」ではどちらが強いでしょう?

 

最初のPA3回撃てる状況

100*3(後2回撃てる余裕あり)=300dmg

120*3(余裕0)=360dmg

 

2回目のPA3回撃てる状況

300dmg+100*3(後1回撃てる余裕あり)=600dmg

360dmg+120*2(余裕0)=600dmg

この時点で同等ですが、前者は更に1発分PAに余裕があります。

 

更には「毎回3回連続で撃てる」とは限りませんし「2回分回復するより先に攻撃チャンスが来る」可能性もあります。

このようにアベレージダメージで見た場合は回数を増やした方が、多くの状況に対応出来る分有利と言えます。

特にPSO2ではアクション要素が強く、その傾向は顕著。

「間合いを詰める」目的にもPPは消費するため、プレイヤーの腕が上がるほど、その要求量は増えていきます。

「近接で敵に間合いを詰められません!><;;」という場合は、最大PPの強化や移動PAの使い方の見直しから始めた方が良いでしょう。

 

とは言え、どんなに性能を高めても「使い手が使いこなせないなら意味が無い」ので、その場合は単純に攻撃力を上げておいた方が便利かも知れません。

「使い手の腕次第」は車もゲームのキャラクター性能も一緒ですので、自分の実力にあったものを選びましょう(^o^)

 

 

「ファンタシースターオンライン2」 オリジナルデザインOTPトークン
クリエーター情報なし
ジェムアルト
ガソリン節約のための燃費の本―エコドライブが楽しく続けられる!
クリエーター情報なし
三樹書房
ジャンル:
アクション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« PSO2 チャレンジモードの狙... | トップ | 1月25日(日)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

PSO2」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。