月と空の浜辺

趣味についてのブログ。
ゲーム、映画など、各種作品について。
フェアレディ Z34や自動車のお話など。

BFBC2攻略:メディック(衛生兵) 無慈悲なる射撃手

2010-04-06 23:02:11 | BF3-BFBC2
BFBC2攻略記事
FPS記事 BFBC2:Battlefield: Bad Company 2

バトルフィールド バッドカンパニー2の攻略(?)記事です(^o^)
今回は、強力なマシンガンで狙撃するガンナー(機銃兵)の記事です。

え、違う?(~o~)?
あ、メディック(衛生兵)と名乗って機関銃で大量殺戮を繰り広げている非人道集団でしたっけ?(違うだろ)

窓絵は超遠距離から、M60でスナイパーのように敵歩兵をHS(ヘッドショット)したシーン。
酷すぎる・・・(~-~)


冗談はともかく、今回のメディックは、BF2で言うサポートのLMGとメディックが一緒になったクラス。
そう言うと「強すぎたARからLMGに弱体化して良かった」と思うかも知れませんが、今回はこのLMGが凶悪な性能に変化。
命中率が悪いわけでもなく、射撃武器として欠点のない性能に・・・。

どうしちゃったのこれ?
この調整大丈夫?と心配したのも束の間、今回はメディックとしての役割は、殆ど意味が無い仕様となっていました。

戦闘力は上がって、メディックとしての役割は弱体化。
これは巧くバランスが取れている・・・と言えるのかなぁ(~o~)..oO


まずメディックというクラスの立ち位置ですが、リコン(偵察兵)と同じく「居ても居なくてもどっちでも良い」という感じです。
今までのBFシリーズでは考えられない事ですね(~-~)

リコンと並んで「カテゴリー2」とか呼んでみる?
補助職という意味合いで・・・。


最も大きな要因は、メディック最大の任務であった「分隊長の蘇生」が必要なくなった点。
今回は、同じ分隊員なら誰からでも復活出来る為「同じ分隊員を蘇生する必要は、ほぼ有りません」

無理に蘇生するよりも、自らが安全な位置まで退避し「分隊員が安全にリスポーン出来る場所を確保した方がよっぽど有利」になっています。
そのため、蘇生の価値はほぼ無い状態です。

仮に活用できる場面としては、旗取り(拠点奪取)の時に少しでも早くゲージを増やしたい場合。
敵が近くにいるなら、蘇生よりクリアリングを優先しないと行けないのは変わりませんが・・・。

後は、敵陣地深くまで攻め込んでいるときに、別の分隊の人が倒された場合。
この場合、別分隊の人を生き返らせてあげれば、その分隊に所属する別の人がそこから復活できると言うメリットがあり得ます。

とは言え、本来なら別の分隊は、別の任務(他の拠点攻撃、または周囲のクリアリング任務など)を行っているべきなので、そう言うケースは基本的に無いはずなのですけどね。
分隊から離れて単独行動し、蘇生行動しているなど、以ての外!(*o*)


するとメリットは何か?と言う事になりますが、LMG(ライトマシンガン)の強さと、メディキットによる部隊防御力の強化。

単純な撃ち合いではLMGは非常に強力な武器で、更に多少の被弾ならメディキットによる回復によって、事実上ライフが増加している事になり撃ち勝てる可能性が上がります。
撃ち合いで倒された仲間を蘇生出来る余裕も有れば更に有利。

明確な前線が築かれている状態での撃ち合いでは滅法強く「戦線維持」には重要な兵科です。
しかし逆に言えば「戦線維持」しか出来ず、戦線の前進には貢献しません。

メディックばかり多くても、確かに撃ち合いでは有利かも知れませんが、敵チームのアサルトやエンジニアなどが突撃してきて、重度爆撃を受けた場合、メディキットで回復する暇すらなく即死。
辛うじてダメージを受けただけで済んだとしても、後退して回復せざるを得ず、結局は「戦線を後退させる」しか有りません。
(無理に前線に止まり続けて、メディキットで回復しようと味方が集まってしまうと、手榴弾やロケランで纏めて倒される恐れがあるので危険)
防衛力で上回っていればそう言うことも有りませんが、同等の技術力を持ったチーム同士が戦った場合、アサルトとエンジニアの数が多い方が、相手陣まで攻め込むでしょう。

また蘇生をすれば、チケットの消費を抑えられるという側面も有りますが、そのためにメディックで出撃するくらいなら、アサルトやエンジニアで出撃し、多くの敵兵を倒すことでチケットを減らした方が有利でしょう。
BFと言うゲームは、敵陣まで押し込んでなんぼのゲームですので、この戦線の前進させる力は重要になっています。


立ち回りとしてはスナイパーと殆ど同じで、分隊に随伴し、アサルトやエンジニアが突撃する所を少し離れて援護。
正確なスポットや、LMGによる狙撃で援護射撃を行います。
突撃した分隊員が倒されても、自分が生きている限り、仲間が再出撃されるので、生き延びることが優先ですね。

突撃要員が足りない場合は、自分も突撃することになりまけどね。
分隊にリコン(偵察兵)がいるなら、メディコも突撃した方が良いでしょう。

総じて、メディックで出撃する優先度としては「チーム内に圧倒的にメディックの数が足りない」と言うケースでも無いなら余り要りません。
またはGL(グレネードランチャー)や、RL(ロケットランチャー)が巧く使えないので、仕方なくLMGで・・・と言うケースはあり得るかも知れないですね。


*LMG(ライトマシンガン)の使い方

今作のLMGは兎に角強力です。
精度はAR(アサルトライフル)に近い性能があり、距離衰退が小さめで攻撃力が高く、連射力、マガジン装弾数に優れます。

最も恐ろしいのは、初弾の精度が高くサイトダウンモードで狙えば「ほぼ照準通り」に飛びます。
BF2のLMGの常識で行けば、一発目も真っ直ぐ飛ぶとは限らないと言う武器だったのに、恐ろしい進歩。

どのLMGでも初弾の精度は同じです。
これは1発の威力が高いLMGほど有利なことを示しています。

更に今回は、セミ射撃(点射)を連射すると、この「照準通りに飛ぶ」射撃を連射出来ます。
良いのか・・・これ?(~o~)

と言うか強すぎです。
初弾から、ちゃんと弾が反れる仕様にしてくれないと困りますね(~o~)..oO


単純にそれらの射撃技術を意識しなくても、サイトダウンモードで連射するだけでも、纏まって弾が飛んでいき、後は照準を合わせるだけでも結構倒せます。
そのため「銃の撃ち方が分からない!」って人でも、とりあえずLMGを使うことがお勧め出来ます。

連射力も高いお陰で、頭の辺りに連射すれば、ラッキーヒットでHS出来る可能性も高いので、とりあえず使うにはお勧めできますね。
アサルトライフルと違って、いい加減な使い方でも役立ちますよ(^o^)/



以下メイン武器関係。

攻撃力は距離衰退するので参考程度に。
ライトマシンガンは距離衰退が小さく、遠距離でも効果が大きい武器になっています。

キャラクターのライフは基本値100点。
アーマー装備で125点です。

HS(ヘッドショット)でダメージが約2倍になります。
マグナムのアビリティを付けると攻撃力が25%増しになり、攻撃力衰退距離も延長されます。


PKM.
装弾数:100発
攻撃力:16.7
連射力:650rpm

初期装備であるPKマシンガン。
BF2では玄人好みのアンロック武器でしたが、今回は初期装備に。

反動が強めで、連射力は低いのですが、初期の内に使えるLMGでは一番攻撃力が高い。
故に狙撃に使いやすく、お勧めです。



M249 SAW ミニミ.
装弾数:200発
攻撃力:14.3
連射力:800rpm

かの有名なミニミマシンガン。
高い連射力が魅力で、連射力の割に威力が高めです。

接近戦でも強力ですが、低反動で遠距離狙撃でも役立ちます。
威力は低い物の、コンスタントに命中し、HSが出れば結構倒せます。

狙撃特化ならPKM.
近距離戦もカバーしたいならミニミですね。



T88
装弾数:200発
攻撃力:14.3
連射力:650rpm

中国製マシンガン88式軽機関銃。
スペック的には微妙ですが、反動が小さいような気がする・・・(~-~)

実際、余り使ったことないのでよく分からなかったり・・・。
SSの通り、私の使用時間は15分程度なので(~o~)



M60.
装弾数:100発
攻撃力:25
連射力:550tpm

泣く子も黙るM60.
今作でも最強の武器の一つです。

何と攻撃力25と言う桁違いの攻撃力。
その攻撃力で、LMGの特徴である「最大精度の射撃」を連射出来ます。

一発当たりの反動は大きいとはいえ、ダットサイトならリコイルコントロールもしやすく、HSも十分狙えます。
遠距離でも距離衰退が小さく、最低威力でも20点を誇ります。
マグナムのアビリティを付ければ無敵の威力(~-~)

つまりフルオートマチックのスナイパーライフルとも言える性能で、100連発マガジン。
今作の射撃仕様(と言うより欠陥かも)の恩恵を、最も受けた武器と言えるでしょう。
スナイパーにも撃ち勝てる性能があります。

かなりバランスブレイカーな性能なので、パッチで弱体化されるかも。
少なくとも「初弾が狙ったとおりに飛ぶ」仕様さえ無くなれば、そこまで強すぎる武器では無いと思います。
または反動を更に強くしたり、最大精度で連射できなくなれば・・・ですね。



XM8 LMG.
装弾数:100発
攻撃力:16.7
連射力:750rpm

XM8のマシンガンモデル。
一番、アサルトライフルに近い性能があり、XM8らしい長距離までの距離衰退の小ささと、独特な上方向への跳ね上がりが有ります。

狙撃性能も高く、バーストによる中距離性能、連射性能の良さを活かした近距離戦と、高バランスを誇っています。
さすがはXM8シリーズ(^-^)

やはりダットサイトを装備した方が使いやすいですね。



MG36.
装弾数:100発
攻撃力:14.3
連射力:750rpm

今作、唯一のG36シリーズ。
今回は、普通のARがないのが残念な限り(~-~)

特徴的には、XM8の攻撃力を落として、1発当たりの反動を小さくしたモデル。
1発当たりの威力が低い分、遠距離戦は負けている感じですが、連射時の反動の小ささから中近距離は有利かも知れません。

最大の特徴は「専用のダットサイトを標準装備」している点。
スペック1のアビリティで、ダットサイトを装備する必要が無く、スペック1の自由度が上がります。



MG3
装弾数:100発
攻撃力:10
連射力:1000rpm

最凶のマシンガン、MG42の末裔との事ですが、流石に攻撃力が低い。
本来なら攻撃力36点くらい有って、連射力1200rpm超えでもおかしくないはず・・・。

しかしゲームではそうも行かず、かなりのネタ武器。
ただし1000rpmの100連発は、至近距離での乱射でも相当命中が見込め、決して弱い武器ではありません。

LMGの最大の利点である「狙撃を連発」では威力が出ないのが大きな欠点。
至近距離戦しかしない突撃メディコなら悪くない選択でしょう。

もう一つの欠点としては、その連射力の高さからリロードをし易くなるのですが、そのリロードタイムが「LMGの中でも特に長い」と言う点ですね。
総合的には今ひとつな趣味装備と言えます。



以下ガジェット。

メディキット。

何故か今回は初期装備ではないダメ仕様っぷり(~o~)..oO

それはともかく、今回のメディックで最重要アイテム。
アーマーのアビリティと組み合わせると、かなりの耐久力を誇ります。

真っ正面から撃ち合いをする場合、先に足下に配置してから撃ち合いを開始すれば、耐久力の面で有利に戦いを進められるでしょう。



ショックパドル。

今までのBFでは必須アイテムだったショックパドル。
分隊長を蘇生する必要がないため、今作の仕様では殆ど要らない存在に・・・。

蘇生されてもデスが減らないなど、謎仕様も多く微妙な存在。
取得経験値がかなり高く中々手に入りませんが、余り必要ない装備なのが幸い?

ナイフより判定が強いので、近接武器として使う方が専業?(~-~)?


回復範囲アップグレード(スペック1)

ゲーム内説明文が間違っております(~-~)

回復範囲が倍に広がり、多くの味方を同時に回復出来ます。
効果範囲は7M。

味方が固まるのを防げるため、対爆性能が上がるなど、効果は大きいので、メディックをやるのなら是非とも付けたい所。

効果は大きいのですが、メディックではなくガンナーな人は、スコープの方を欲しがるのが玉に瑕・・・。


回復力アップグレード(スペック2)

やっぱり説明文が間違っています(~o~)..oO

こちらはメディキットによる回復速度が33%上昇します。
非常に強力で、真っ正面からの撃ち合いではかなりの耐久力を誇ります。

先の回復範囲アップグレードと同時に装備することで、対爆効果がかなり高まり、戦線維持性能を高められます。
メディックには是非装備して欲しいアビリティですね。

でも多くのガンナーはマグナムを付けて、LMGで大量虐殺に走るはずだ(~o~)..oO


レッド ドットサイト。

LMGでは相当お世話になるダットサイト。
どのLMGでも、これを装備して、相手の頭部を狙えば遠距離からでもHSを狙えます。
LMG+ダットサイトは、かなり強力な装備になっていますね。



4倍ライフルスコープ。

やっぱりM60等の、反動の大きな銃では使いづらい。
低反動なMG36等とは相性が良いですね。
ついでにMG36だと、専用ダットサイトの倍率が上がります。


軽機関銃トレーニング。

他の武器のトレーニングと同じく、精度を33%アップします。
しかしLMGは、そもそも精度が高く、最高精度の攻撃を連発出来るので旨味は少ない。

本来苦手な接近戦で乱射する場合には有利になるので、突撃メディコには相性が良いでしょう。
連射力の高いLMGの運用はやりやすくなります。



バトルフィールド:バッドカンパニー2

エレクトロニック・アーツ

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
アクション
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BFBC2攻略:エンジニア(工兵)... | トップ | BFBC2:紹介動画 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
説明文 (えびはら)
2010-04-07 23:46:33
 冗談であっても健康な人に・・・って、一体・・・?
戦場では良くあること (Rui)
2010-04-08 20:28:27
>えびはらさん
BFの世界のAEDは、M95でHSされ、頭がスイカのように破裂した人でも、戦車砲で木っ端みじんに吹っ飛ばされた人でも、一瞬で蘇生しすぐにぴんぴん走り回れるようになる、超魔術アイテムなんです!

その電気ショックを、健全な敵兵(ここポイント)にぶつけると、ショック死します!

ちょん・・・と指先に触れても絶命する死術。
禁呪なので、冗談であっても健全な人に使ってはいけないんです!(^o^)/

AEDなのでリチャージ時間が掛かりますが、ナイフ(命中すれば即死)より、判定が強く、出も早いので接近戦で使えないことも有りません。
ただ隙も大きいのでネタの域は出ないですけどね。
これもBFシリーズ伝統のネタなのです(^o^)

Unknown (志烏)
2010-04-08 23:47:06
敵兵から奪った魂を
仲間の蘇生のエネルギーにしているのか…
(((((;゜Д゜))))
怖いですね! (Rui)
2010-04-10 10:18:04
>シオ君
戦場に潜む悪魔の所業ですね(~o~)/
Unknown (BFBC2)
2010-09-02 21:38:40
僕はよく、仲間に蘇生されまくりましたorz
逃げないと・・・!! (Rui)
2010-09-03 19:50:02
>BFBC2さん
わかります。
彼らは狙っています。
「おい、お前。同じチームのお前だよ! 早く敵の弾に当たって死ねよ! 早く死んで、俺様のポイントになれよ!!」と、敵を撃つことも、警戒することもせず、味方が死ぬのをまだかまだかと待っているメディコ様ですね!!(>_<)/

変なメディックの名前は覚えておいて、それが近づいてきたら、思いっきり逃げる方が良いです。
割と真面目に・・・。

彼らは「敵」です。
近寄られると味方の被害が増大するので、巧く距離を離しましょう(^o^)/
Unknown (mm)
2011-06-07 15:14:19
メディックの立ち回りが今一わからないので攻略記事を探していましたが、すごく参考になりました。
メディックは前線を維持して、押し込まれたら後退すればいいんですね、今まで前進して正面衝突して死んでばかりでした。
現状維持 (Rui)
2011-06-07 20:46:23
>mmさん
純粋な「突撃力」では、アサルトやエンジニアに勝てないですが、メディックは「防御の要」と言う感じですね。

サポート色が強いので「無理はしない」と言う立ち回りで行くと良いかもしれません(^-^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

BF3-BFBC2」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。