☆フェアリーベルの暖輪室☆・・・♪京都風日和♪

時空のキラメキのなかで、感性を研ぎ澄ませ、
吹く風のままに、光はなちて・・・ 

お水取りのうた・・・差懸の響時空を駆ける

2017-03-11 00:04:30 | 風歌


    今年も東大寺のお水取りの本行が始まっている
    寒の戻りも例年通り… 
    東大寺お水取り(修二会)のはじまりは、天平勝宝四年 (752) で、
     十一面観音に罪過を懺悔して罪の消滅とともに、天下泰平 (せかいへいわ)、
     風雨順次,
五酷豊穣、万民の幸せを祈るというもので、約1か月にわたり行わ
     れる 
     今日まで1266回、1年たりとも休まずにおこなわれていることに深く感じる
    ものがある
     子供のころから大仏殿等には幾度となく訪れていたが20年少し前にご縁を
     頂いてから今年で19年毎年通うお水取り、大切な時空の流れ…

     お水取りに寄せて詠んだ短歌を少し…

     紅花とくちなし染の和紙椿花ごしらえも水取の行
        
        京都の工房で毎年様々な工程で丁寧に染め上げられた紅とクチナシの実の鮮や
              かな黄色を使っって籠りの僧(練行衆)によって作られる東大寺椿、
         「花ごしらえ」というのも雅な響き…

      
       参篭の僧を守りし白紙衣(かみこ)繕い張りて成就の日まで

            行の一番の大敵は寒さより暑さとか、激しい行に耐えるには紙衣
          しかないそう。これも練行衆自身が作られるよう、繕いも…
          行の厳しさを物語るように満願の日が近づくころに参篭見舞い
                に伺うとかなり痛みが…

     
           天頂の輝く月とオリオンに届けとばかり松明は燃ゆ

            今年の本行4日目はとても良いお天気で空は晴れ渡り暖かく
            三日月より少し膨らんだ月も星座も美しく見え、どのお松明も
            勢いよく燃え上がり火の粉をまき散らせて…


      松明の残り香清し二月堂差懸の響時空を駆ける

         修二会の行は火と水の行、お松明の香りと声明に鐘、ほら貝、差懸の響きと
           リズム等々で日々、浄化の波が広がっていく…

     
     ほら貝と差懸の音轟きて南無観自在気は高まりぬ

        南無観自在菩薩から南無観自在、南無観、南無観、南無観…次第に声明は
                 響きを増していく、満願成就の日に近づくにつれて堂内外に気は高まり
          満ちていく…
     
 

       声明の内なる宙に響き居り暗き局に星降るごとく

       局で行に接していると時間のたつのが本当に早い
         沁みる声明、ほら貝鐘の音、差懸の響き…1260年以上の続く歴史の重み…
         永遠へと続く時空が広がっている

 

                                                                                                                          

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 揺れる川面に日は降り注ぐ・... | トップ | 「桜のごとく」は永遠のあこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

風歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。