☆フェアリーベルの暖輪室☆・・・♪京都風日和♪

時空のキラメキのなかで、感性を研ぎ澄ませ、
吹く風のままに、光はなちて・・・ 

アクエリアスの時代の扉を開く鍵は・・・

2016-11-01 14:36:49 | 風話

   
  11月に入った
 残すところあと2か月
 年の初めに書いたブログを読み返してみる
 語りつくせぬ程の事がまだまだ進行中の今年
 なかなか願ったようには生きれていないなーと思う
 
 そんな中でもスケジュールは着々とこなして行けている不思議・有難さ
 もうすぐ京都での家人の秋の展覧会が始まる
 今年はオリジナルの 
墨の世界
 テーマは「~ほどける~」
 展覧会に向けた文章を載せてみることにする…
  
 ・・・・

    年の初め、来るべき「アクエリアス(水瓶座)の時代」の扉を開く鍵は
 
「ゆるむ」ことなのではないかとふと思いました。
  

 パイシス(魚座)の時代2000年もの間、人は身を固くし身構え、
   己を創り上げ、敵に備え,すべてに備えて、身を守ることを学び、
   この文明を構築してきました…

  

  「I know…」の時代と言われるアクエリアスの時代は
  「私は全てを知っている」「私の中にすべての答えはある」
  「私はすでにすべてを持っている」ことにと気づき、知っていく時代と
   解釈しています。
   禅の言葉「我是知足」も同じ。
   そして今
   もうすでにアクエリアスの時代に入っている感覚があります。

  
   まずは何はさておき、肩の力を抜いて緩んでみませんか。
  「緩む」ことって簡単なようでなかなか難しい。
   でも一旦「緩める」ようになると見える景色が違ってくるかも。

  
   凝り固まった体と頭がゆるむ
   頑なな心をほぐす
 ふくらんだ自我をほどく…
  
   今回はそんなイメージで取り組んでみました…

 ・・・・

 今年は新しいギャラリー
 新しい時にどんな風がふくのかとても楽しみである

            
               

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 少しばかりの寂しさよぎる・... | トップ | 秋深まりて・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

風話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。