Aruiのスペース

自分の身の回りで起こったことの記録であったり、横浜での生活日記であったり・・・です。

平家物語-清盛の死-

2007-09-18 20:06:17 | Weblog
平家物語-清盛の死-             2007-09-18

さて安徳天皇の母方の祖父として君臨し、刃向う男共を
殺し或いは島流しにし、目障りならば絶世の美女も尼に
して隠居させた平清盛も、寿命には勝てません。しかも
満つれば欠くるは世の習い。平家の勢力も衰えてきます。
伊豆の頼朝、木曽の義仲などの東国の源氏の諸流が、
逆らってくるのは当然としても、西国熊野別当までもが、
源氏につき、清盛を悩ますようになる。

治承五年(1181)2月、後白河法王の宣旨により、清盛
の三男宗盛が大将軍となって坂東へ源氏追討の旅に
出掛けるその夜、清盛が病に倒れます。因みに法王は、
源氏には平家追討の宣旨を賜り、平家には、その逆で
無茶苦茶やってますが、まあ、要はどっちが強いのかな
と様子を見てます。これは現在でも、どこの国でも行われ
ていること。

では、清盛の死に様ですが、私たちはよく、中国の文学
上の表現が、白髪三千丈と大げさに表現することを教わ
りますが、どっこい平家物語も負けてはいません。以下は
Arui訳。

清盛が病気になると、食べ物はおろか、水さえも飲めなく
なった。そして高熱を発し、その熱さは、まるで火を焚く
ようであった。清盛の寝ている所から7~8m以内に近づく
者は、暑さに耐えられなかった。寝ている清盛が発する
言葉は「あたあた・・・・」のみであった。比叡山から千手
井の水を汲んできて石の舟に貯めて、そこで冷やしたら、
水はあっと言う間に沸き上がって湯になってしまった。
これならどうかと筧で水を送ってやると、石や鉄の焼けた
ところに、水を掛けた時のように、水を弾き飛ばし、まれに
当たる水は炎のように燃え上がり、そのために、黒煙が
殿中に満ち溢れ、火炎が渦巻いて上がった。

どうです?お前、ええ加減にせーよ、と言いたい位の大
げさではないでしょうか。後年、この様子を詠んだ川柳が
生まれました。

清盛の医者は裸で脈を取り。          お見事!

こんな状態が1週間ほど続き、奥方の二位様が、貴方
もう長くは無いわ。何か言い残すことはありませんか?
と聞くと、清盛、絶え絶えの息の下から:

自分は天下を極め、栄耀栄華も子孫に及び、思い残す
ことは何も無いが、唯一つ、伊豆の源の頼朝の首を見て
無いことが残念だ。自分が死んだら、堂塔を立てたり、
供養の行事をしようなどと考えなくて良いから、頼朝の
首を我が墓前に備えよと宣って、悶絶死する。

ここから原文です。
さしも日本一州に名をあげ、威をふるひし人なれども、
身は一時の煙となって、炎は空に立ちのぼり、かばねは
しばしやすらひて、浜の砂にたはぶれつつ、むなしき土
とぞなり給う。

諸行無常と言う訳ですな。これでようやく平家物語のだい
たい半分が終わりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横浜国際フエスタ

2007-09-17 11:16:46 | Weblog
私が、しているボランテイアの中の一つのポスターです。
10月27,28日、横浜パシフィコでやるお祭りです。
ここでは私は、ほんの下働き、展示小間のちょっとした
細工とか、手作業とかの手伝いです。宜しかったら
来て見て下さい。

http://ynn-ngo.sakura.ne.jp/ynn_data/poster2007.pdf
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

在日外国人

2007-09-12 10:42:45 | Weblog
在日外国人                      2007-09-12

私は英語がそこそこ出来ますので、ボランテイアで通訳をやり
たいと思っています。そういう制度が自分が住む神奈川県に
あることを知ったのは、今年度になってからです。そういう制度
があることを知るのが難しいです。netのwebを見つけて、そこ
入って情報を得たのですが、そこにたどり着くまでに。時間が
かかりました。

月に3回出ている、神奈川県国際交流センターの展示室での
接遇ボランテイアが最初のきっかけでした。JR本郷台駅の
近くにあるセンターには、国際○○のパンフレットが、それこそ
無数にあります。それらを見て関心のあるものをpickupして、
だんだん自分の欲しい情報に近づくことが出来ました。

そこで知ったのですが、神奈川県には医療通訳派遣システム
と言う制度があることです。ボランテイアの通訳を教育訓練して
適性な人を登録しておいて、県内の病院から外国籍の県民で
その病院に来た患者との言語での意思疎通に問題がある場合
通訳を派遣する制度です。現在16の病院で毎月180件程の
通訳要請が来ているとのことです。登録通訳は140名ほど。
この制度を維持するには、お金が必要ですから神奈川県は
その為の予算措置をしている訳です。

私は現在その研修を受けている身分なので、まだ登録されて
いません。登録されたとしても言語が英語ですから、通訳の
方は沢山居るでしょうし、医師も英語ならある程度喋る先生も多
いことでしょうから需要がどれくらいあるのか見当もつきません。
噂では、ポルトガル語、スペイン語、中国語は足りないらしいです。

さて、患者となるかもしれない在日外国人ですが、これが普通の
知識常識で考えるよりも多いので驚きます。今、日本に居る外国
人はどれくらいか。2006年の入国管理局の調べで208万人だ
そうです。役所に届け出た数字だから実際はその何倍か居る
だろうし、それから1年経っているからもっと増えているだろうと
考えると大変な数字であることが判ります。仮に300万人とする
と、全国には横浜市の人口と同じ位の数の外国人が居ることに
なります。

在日外国人と言えば、在日コリアンの問題があります。この問題
は根が深く簡単には言えませんが、数の面では50万人で安定し、
そして少しずつ減少して行きます。更に、この人達は言語の面
では困っていません。1975年のサイゴン陥落以後、国際的に
ベトナム難民を受け入れることになり、日本政府もしぶしぶ少数の
(国際的な観点から、日本の経済的規模から見れば)ほんの少し
の難民を受け入れました。それ以後、受け入れ外国人の登録数
が急速に増えてきています。1980年以降それが顕著です。

日本と言う国は、外国人を受け入れたいのでしょうか、受け入れた
く無いのでしょうか?実際はどっちつかずで、腰がふらふらしてい
ます。法的には、受け入れたくない。入国管理面では、なるべく
外国人が日本に入り難いように設定しています。イラン人親娘で、
日本で生まれたお嬢さんは、日本の大学で勉強。両親は違法な
ので、国外退去などという実例が出ています。日本人男女と結婚
した外国人配偶者は離婚すると国籍を失います。日本で生まれた
子供は日本人で居られます。離婚しても国籍を失わないとなれば、
中国からわんさと偽装結婚花嫁が来そうです。

実際の日本の世の中、外国人無しには、廻って行かないと言われ
ています。3K職場は外国人しか受け手が無いのでしょう。だから
経済実業界からは、外国人を受け入れて欲しいとの要望が出され
ています。しかし、これを進めてしまうと、ヨーロッパ各地で経験した
トラブルを日本でも再現することになります。私達はどうすれば良い
のでしょうか。

このような問題を抱えながらも、目の前の外国人が病気になったり、
災害に遭遇した場合、貴方は違法滞在だから救助しませんと言う
ことは出来ないです。勿論合法滞在外国人が200万人を超えてる
のが現状です。この人達が病気になったり、災害に遭遇することは
必然です。阪神淡路大震災の時、外国人からの相談電話が1000
件もあったそうです。(多文化共生センター、田村理事長談)、2004
年の新潟中越地震の際の外国人避難者が350人を超えた時期が
あったそうです。そんなこんなを考えながら私はボランテイア通訳の
研修を受けています。2週間に1度のペースですが。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

平家物語の恋騒動-2-

2007-09-06 07:35:51 | Weblog
平家物語の恋騒動-2-          2007-09-06

さて、行く方知れずになった小督ですが、高倉院のお嘆き
は並々ならず、夜の御殿に引き籠って悲しみに耽ってい
ました。そこに、小督の局が嵯峨野の方に居るとの噂が
聞こえてきました。院は弾正の大弼仲国を召して局を探す
ように命じます。横笛の名手でもあった仲国は、以前の宮
中での音楽会の際に、小督の琴に合わせて笛を吹いた
こともあり、小督のことも、その爪音もよく知っていました。

嵯峨野の方に居るとの噂を頼りに小督を探すのは大変で、
なかなか見つけることが出来ない。あちこち探すうちに、
法輪寺に近く、亀山のあたりに月に照らされた、松のひと
むらある方に、幽かに琴ぞ聞こえける。峯の嵐か松風か
尋ぬる人の琴の音か。おぼつかなくは思えども、駒を早め
て行く程に片折戸したる内に、琴をぞ弾きすまされたる。
駒を控えて聞きければ、まごうかたなき小督の爪音。楽は
何かと耳澄ませば、その名も著き想夫恋。

仲国は、家の者が、ここは院の宣旨を賜るような家では
無いと断るのを強引に中に入り、小督を見つけ院の御書
を渡し、返書も貰う。そして、仲国は、供の者にこの家を
見張らせておいて宮中にとって返し院に報告する。院は
必ず小督を連れて参れとの仰せで、翌日牛車人足を連れ
て小督をなだめすかして院のもとに連れ戻すことになる。

清盛に判らないように、隠れ住まわせて院が通ううちに
姫宮が誕生する。やがてこのことが清盛の知るところとなり、
小督殿を捕えつつ、尼になしてぞおっぱなつ。となります。
院はこのようなことがお体に触ったのでしょう、22歳にして
御隠れになりました。

清盛にとっては皇位は既に自分の孫の安徳帝に移って
いましたから、何ということも無かったのでしょうが、平家
物語の作者は、「あさましきことどもなり」、現代語で言えば、
嘆かわしいことだと詠じています。

小督は、能にも有りまして、元は平家物語から取ったとの
ことですが、全ての描写がより美しく書かれています。
琵琶法師の弾き語りで伝承されてきた平家物語は、本来
のりが良い訳ですが、謡曲の方がもっとのりが良いと言う
ことを味わってみてください。

迎えの舟車のやがてこそ参らめと言えど名残の心とて、
酒宴をなして糸竹の声澄み渡る月夜かな。月夜よ~男舞
木枯に吹き合すめる笛の音をひき留めむべき言の葉もなし。
言の葉もなき君の御心、我等が身までも物思いに、立ち
舞うべくもあらぬ心。今は帰りて嬉しさを、何につつまん
唐衣、ゆたかに袖打ち合わせ御暇申し。急ぐ心も勇める
駒に、ゆらりとうち乗り、帰る姿の後はるばると。小督は
見送り、仲国は都へとてこそ帰りけれ。(観世謡曲本より)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平家物語の恋騒動

2007-09-04 22:45:18 | Weblog
平家物語の恋騒動            2007-09-04

私が受講する平家物語を読み通すも、だいぶ進行しま
した。平家物語は平家の勃興と隆盛、やがて衰退の
物語です。だから大抵の話は男共の争いと戦いの話
ですが、中には珍しく恋物語が有ります。それが小督
(こごう)と言う訳です。

高倉天皇は平清盛の次女(後に建礼門院となる)を中宮
(複数の皇后が立てられたときに最初に立后された皇后
以外の妃)に迎え、或いは、迎えさせられ、その御子安徳
天皇に早々と位を譲られ、或いは譲らされたが、風流を
愛し、慈愛深い院であった。

中宮:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%AE%AE

その院は中宮付きの女房の童で葵前と言う少女を愛した
が、いろいろ取り沙汰するものが有ったので、世間の非難
を憚って、逢うのを辞めた。少女は、院の心を知り病臥後
数日で没した。

嘆きに沈む院を見兼ねた中宮が自分に使えていた女房
の小督を院のもとに差し出す。小督は桜町中納言の娘、
絶世の美女で琴の名手であった。正妻が傍女を差し出す
と言うのが、よく判らないが、そうはっきりと書かれています。
院は小督を愛し、一見落着と見えたが、清盛の横暴、多分
最後の横暴が始まる。

この小督は冷泉大納言隆房がまだ少将の頃、見染めた
女房であった。その隆房の妻は清盛の娘の一人であった。
清盛からすると、2人の婿、高倉院と隆房とが小督を愛し、
つまり自分の娘の面子を失わせたことになる。おのれ、
にっくき小督め、ひっ捕らえて亡きものにするぞと叫ぶの
であった。ま、亡きものと言っても。この場合、相手はか弱き
女性である。出家させれば済むのだが。

これを伝え聞いた小督は「私はどうなってもいいが、院の
身の上に若しものことが有っては・・・」と宮中を去って、
行く方知れずとなる。それでも清盛は、お世話をする女房も
差し出さず、参内する臣下にも睨みを利かせたので「入道
(清盛)の権威に憚って参り通う人もなし。男女うちひそめて、
禁中(宮中)いまいましうぞ見えし(陰鬱であった)。

ただ清盛さんの味方をする訳ではないが、この頃の清盛は
いらつくことが多くなってきていた。外孫を天皇にすると言う
絶頂を極めながら、思いどおりに行かないことが起こり始め
たのである。それが福原遷都、1180年治承4年であった。
この年、平定はしたが源三位頼政、以仁王の反乱が有った
年である。

http://www6.plala.or.jp/HEIKE-RAISAN/jikenbo/fukuharasento/fukuharasento.html
http://homepage2.nifty.com/lame-ru/genpei/siseki/sento.htm

多くの在来勢力(寺社も含む)の反対を押し切って強行した
福原遷都であったが、悪いこと(準備不足による手違い、不
具合)が続けて起こり、また強硬な反対意見にも逢って、
同年に京都へ戻るのである(実は京都もガタガタになってる)。
海外貿易で財政を運用しようとしていた清盛にとっては、日
宋貿易の港である大輪田泊りを見晴らす福原の地を都にした
かった思いはよく判る。そして、なんともあっけないことに、こ
の翌年、清盛は死んでしまうのである。平家の衰退を予感さ
せるには、充分な事件となりました。--続く--
コメント
この記事をはてなブックマークに追加