Aruiのスペース

自分の身の回りで起こったことの記録であったり、横浜での生活日記であったり・・・です。

天津51

2005-04-29 17:15:16 | Weblog
天津51                                                                       2003-8-16

昨夜は久しぶりに、天津市内に出かけ、日本人の友人と日本人向けのクラブで飲みました。
そのクラブは日本人向けと言っても、高級クラブではなく、所謂面白いところなんです。
入ってくるお客さんは、日本人ばかりで(私が見た限り)中国人の彼女を同伴の人もいます。
若い男の子で私の知らない日本の歌を歌っていた子は、天津大学の留学生だそうです。
ってことは、しょっちゅう来てるってことですね。

女の子は、日本語が上手なのかと思いきや、上手な子はチイママ一人で、あとは殆ど
できませんでした。これが高級クラブですと、皆上手なんですが、それはこういうクラブで
日本語をマスターした子が引き抜かれて(募集すれば何人も来るとのこと)行く訳で
お値段も上がるし、女の子の収入も上がることになります。

市の中心から50数キロも離れている開発区に住んでいる日本人が来るのは珍しいらしく、
女の子達から、いろいろ聞かれました。つまり彼女達も他所の土地にある、同じ社会の条件が
どうなっているか、真剣に知りたいのでしょう。もし良い条件のところがあれば、移りたいと言う
思惑もありありです。

よくある   Q     &     A

開発区にはカラオケ多いでしょう                             Yes
綺麗な女の子がいっぱい居るでしょう            YesもあればNoもあります
女の子にはチップどれくらいあげるの?       100-200元(1500-2000円)です
部屋に連れ込む場合はいくら?                 知りません 
嘘!教えて。                         知りません
あなた、今夜は天津に泊まるんでしょ?             いえ開発区に帰ります
私、安くて綺麗なホテル知ってる。一緒に行きましょう。     有難う、でも帰ります
あなた、8ヶ月も中国に居るのに、中国語下手ね(グサ!)      へい面目無い
違うのよ、もっとお話が通じれば良いなぁと思って。         おれもそう思う

上の会話は、筆談と中国語が上手な友人の通訳で、なんとか通じたものです。8月も
半ばだと言うのに、帰りのtaxiでは,寒くて窓を閉めっぱなしで帰ってきました。秋ですね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津50

2005-04-29 15:45:29 | Weblog
天津50                            2003-7-27

7月12-13日、土日でしたが、河北省石家庄とその周辺を訪ねるバス旅行に
参加しました。14人乗りのマイクロバスに7人でのゆったりした旅でしたが、
走行距離は1000kmにもなりました。

私が住む天津市と首都北京市は隣接していますが、もともと、地理的には河北省に所在します。
ですから、河北省は北京と天津を取り囲むように横たわり、人口6800万人、省都は石家庄
になります。石家庄には戦前、日本人も住んで綿花の栽培に従事していたことがあるそうです。
当時の地名は石家荘、抗日戦争博物館もあるそうですが、今回は、正定(地名)にある隆興寺、
趙州にある趙州橋を訪ね、石家庄に一泊し、蒼岩山を訪ねて天津に帰ってきました。幹線は
全て高速道路で繋ぐことが出来ます。蒼岩山までは平らな所を走り続けます。道路から見える
ものは植栽用の若木と、とうもろこしと、麦とヒマワリです。田んぼは見当たりません。南で作っているのでしょう。

正定は北京の南260kmのところ、隆興寺は隋代586年の建立、971年に改築された。建物
彫塑、仏像、壁画、書などは、いずれも宋代の逸品とのこと。保存状態も良い。趙州橋は世界
最古の石造のメガネ橋とのことだったが、現存するものは最近作ったもので、博物館にオリジナルの一部が展示されてた。翌日の蒼岩山は山西省との境に寄ったところにあり、流石に広い北京の平野も終わって、山に入ったところ。名前と違って赤い岩の上のほうにお寺が建っており、我々は、往復ケーブルで楽をしてきた。その駅の周りには地元の人たちが、桃、スモモ、杏、胡桃などを
売りに来ていた。小ぶりの桃10個で30円と桁違いに安い。

宿泊は、石家庄の4star級のホテルで石家庄の駅からすぐの、国貿大酒店。チェックインを
済ませて全員集合、美味しそうなレストランを見つけて入りましょうと相談して、全員でぞろぞろ歩き出した。ところが、なかなか、これはと言うところが見つからない。だいぶ探してから、
地元の人に聞くと、ホテルの方に戻れと言う。そして行ってみると、なんと私たちが泊まるホテルの5階にあるではないか。まー、散歩したって訳だ。レストランは今中国で大流行の、食材を
自分で選んで、調理法方を指示し、何品も注文する、あの方式である。ウェイターの
お兄ちゃんが、インナーブレードのスケートですいすい走っている。結局、海から300kmも
内陸の石家庄で海鮮料理を食べたが、なかなかいけまっせ。ビール・中国焼酎を飲んで、一人
1000円しない。

翌日の蒼岩山の帰り、山中で昼食となったが、山間のレストランでいろいろな料理を頼み、
会計は一人250円で、これにも安くてびっくり。山の麓で、養蜂家のテントを見つけ、
早速交渉。もっとも私が喋った言葉は蜂蜜(ホウミ)有没有(ヨウメイヨー)ハチミツアリマスカ?これだけ。養蜂家に聞いてる訳で、蜂蜜蜜が無い訳は無いのですが、小売はして
くれるかどうかでしたが、おじさんの答えは有(ヨー)。500mlのウーロン茶のペット
ボトルに1本分で100円でした。但し7人全員が買い、売り上げは10本有りました。
今真っ盛りの、ヒマワリの蜜でした。さっぱりした甘さでgoo! 結果、楽しい旅でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津49

2005-04-29 15:29:56 | Weblog
天津49 2003-07-08

誕生日:7月7日で65歳の誕生日を迎えました。

生産部長が10日程前に誕生日でしたが、その時彼が、
今日は自分の誕生日なので、近しい仲間を夕食に招待したい、
と言って彼が誕生パーテイーを主催しましたので、私もそのように
仲間を招待しました。通訳のマリーさんにも入って貰い、尚且つ
店は、彼女が知ってる中華シャブシャブの店と決まりました。
彼女が選んでくれるとなると、絶対に安くて美味しい店です。
会社の仕事が終わり、出発前に何故か『パスポート持ってて
下さい』とのことなので、持ちました。

着いた店は、中華シャブシャブの専門店で、全ての卓に鍋が
セットされています。鍋は銅製でドーナッツ型になっていてそれが
まん中をやはり銅板で仕切ってあります。ドーナッツのまん中は
当然に、火の熱が抜けてくる訳ですが、そこに焼肉用の鉄板が
しつらえてあり、シャブシャブと焼肉が同時にできるようになって
います。

材料は、取り放題、好きな物を自分で皿にもって、自分の席に
戻り、シャブ鍋か、鉄板で焼いて食べることになります。肉は
牛、羊、豚、鶏、鳩、臓物類等で鍋用は薄く削いであり、
鉄板焼用は串にさして、胡椒などが振ってあります。野菜に
魚、貝、おこのみ焼、生麺、ちまき、デザートに甘いお菓子と
スイカと、至れり尽せりって感じですね。

ビールは飲み放題、見てると、だいたいジョッキ3杯で終わる
ようです。私は痛風が怖いので、白酒を取りました。マリーさんは
コーラです。皆で乾杯して飲み、食べ、楽しく話をして1時間半。
とにかく、料理待ち時間がありません。すぐ次から次へと新しい
食材が来ます.皆で変わった材料を5人分持ってくるので、
私は最初の1回持ってきただけで、あとは、食べるだけでした。
たれは訳の判らないたれでした。あの他に大根おろしにポン酢が
あれば、もっと美味しいでしょうね。

お会計になり、私とマリーさんで会計の前に立つと、パスポートを
出して下さいと言われ、出すとマリーさんが、ほらこの人今日が
誕生日ですと向こうの人に説明して、一人分タダとなりました。
おまけに、店の責任者が出てきて誕生日おめでとう御座いますと
言われ、良い気分。それで支払った額は、なんと5人分合計で
120元1800円です。これでも商売になるんですね。楽しい
誕生パーテイーでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津48

2005-04-29 15:16:30 | Weblog
天津48 2003-07-03

餃子(中国読みチャオズー)
天津は甘栗で有名ですが、餃子も名物です。20種類程の
餃子をたべさせるレストランもあるとか、残念ながら未だ入った
ことが有りません。シュウマイ同様、蟹餃子とか蝦餃子もある
そうです。大阪の手羽先餃子は無いらしい。

寮の食事にも週に1回は餃子が出てきます。おかずではなく
主食として出てきます。小母ちゃんは、15個盛ってくれますが、
お替りしなさいと言います。一度もしたことは有りません。
寮の餃子は、肉餃子(豚肉と野菜とにんにく)と野菜餃子
(ニラと他の野菜+にんにく)の2種類で、殆ど水餃子です。
味は、日本の餃子と変わりません。タレも同様で、寮の場合は
各人好みで自分でつくります。酢と醤油とラー油を調合します。
私が天津伊勢丹で買ってくる、みつかんぽんずも人気で、
けっこう寮の仲間に利用されてます。

小母ちゃんは、餃子の皮を自分で粉から作ります。粉は、私の
見た目で強力粉、それを水で練り、大きな塊から小さな(親指の
先くらい)塊を取り、それを丸棒(直径2-3cm、長さ10-
15cm)を回転させながら押しつぶして、皮を作ります。丸棒を
1-2回、回転させると皮はできています(見事!)。具を包んで
餃子形にシールして出来上がり。50個くらいは、あっと言う間に
作ります。この技術は、残り物のおかずの処分に利用されます。
肉系と言わず、野菜系と言わず、前夜のおかずで残ったものが、
この皮(餃子の時より大きめに作る)で包まれて、フライパンで
焼かれて出てきます。全く残り物と言う感じがしません。
今の時代、天津のスーパーに行くと、生餃子の冷凍品も売って
います。中国でも小母ちゃんの技術は、過去のものになって
行くのでしょうか。

焼餃子/水餃子
北京、天津では殆ど水餃子です。寮で私一人の時に、焼餃子に
してくれました。水餃子の方が、一時に大量にできるからでしょう。
西の遊牧民の料理を出すレストランでは、焼餃子でした。遊牧の
人たちにとって、水は大変に貴重なものです。それで餃子は
焼くんだなと思いました。これは北方の騎馬民族系のレストラン
でも同じでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日記5429

2005-04-29 14:56:12 | Weblog
ちょっとした悩み。
5月11日7:30pm、中国山東省の省都・済南で、横浜F
マリノスと山東魯能のサッカーの試合があります。アジア各国の
チャンピオン同士のリーグ戦なんですが、Fマリは既にホームで
負けてアウエイに臨みます。それで悩みは、この試合の応援に
行きたいんですが、反日デモの後で、もろに日中対決の
サッカーと来てますから、どうかなと言うことです。W杯予選の
イラン戦のように10万は入らないでしょうが、2万人対80人
位の応援になりそうです。済南は天津から火車(汽車)で
4時間で行けます。日本からのサポーターは、成田→青島
そこからバスで3時間かかります。横浜天理ビル前朝6時集合
ですから、延々12時間かけてやってくるのです。私も是非
行きたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反日デモ鎮圧

2005-04-28 16:40:10 | Weblog
上海公安局、本気のようですね。
netを通じて、自首を呼びかけています。こうはっきり顔を
出されると、自首しない訳には行かないような・・・
写真は市民から提供されたとなっていますが、どうでしょう。
http://gaj.sh.gov.cn/shpolice/gonggao/gongbao/item/2005_04/13633.shtml
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天津141

2005-04-25 21:20:14 | Weblog
天津141                       5425
雑技の村
昔テレビで中国雑技団の演技を見ました。信じられない位、
体が柔らかくて、女の人が筒の中に自分を2つ折りにして、
すーっと入っていったり、何人もの人が皿回しを、一つの体に
何本もの棒を立てて同時にやってしまうとか、仰向けに寝た
人が足を高く上げて、その上で大きな甕をくるくる回したりとか、
あれです。昨日、その雑技の村を訪ねてきました。天津から
南へ250km河北省呉(?)橋(ウーチャオ)と言う村です。
http://www.china-world.info/china03f.htm

北京から上海まで通じる高速道路の呉(?)橋で降りるので
すが、次の出口は山東省になると言う省境の村です。そこへ行く
バスの中で、天津で10年以上も仕事をされている中村さんと
言う方が解説してくれました。この辺りは地味が痩せていて農業に
適さず、呉(?)橋の村は漢の時代から、雑技で村を興した
そうです。その頃は宮廷に召抱えられていたそうで、それにより
村を支えていたそうです。宋の時代になると、召抱えはなくなり、
中国の各地を、旅回りするようになったとのことです。現在では
15類50種あまりの雑技があり、呉橋には30の雑技団、1000人
近くの演技員が、また全国の50を超える都市の雑技団に1700人
を超える演技員を送り出し、500人近くの呉橋籍の華僑も
雑技を行っていると言う。雑技とは、一言で普通の人が出来ない
ような芸と技、全てを意味しますが、具体的には、後で列挙します。

この旅回りと言うのは、現在でも、世界規模で行われており、私達が
呉(?)橋で見ることの出来る雑技は、謂わば留守部隊の芸を見る
ことになりますが、それでも凄いです。だから行く日によって、演技員が
違う訳です。そして今や、村と言うよりも、雑技の村というテーマパーク、
と言うべきでしょうか、村の経済は入園料で成り立っています。村の
歴史は述べましたが、現在は呉(?)橋雑技学校になっており、全国
から受験生がきて、合格率は2000人中60人程、厳しい世界です。
村内には、雑技幼稚園もあって、幼稚園の子が逆立ちをして、小学生が
1輪車に乗って縄跳びをしていました。これはショーではなく、村内を
歩いている時に垣間見た光景です。この村内の案内が、いかにも
中国的と言うか非マニュアル的と言うか、各入園者グループを案内する
お姉さん方によって、てんでんバラバラと言う感じでした。ただメインイベント
のショーの時には、あちこちをバラバラに回っていた入園者グループが、
その会場に集まってきます。

村内で行われている雑技で、私達グループが見もの。一人でやる人形
芝居、人形はいくつか出てきますが、声は一人で何通りかやる。二十日
ネズミがおじさんの言うとおりに歩いて行く、車輪の中に入ってくるくる回る
(筈だったが、回さなかった。日曜日だったな)。外の舞台で、変わった
楽器で面白おかしく演奏。テントの中で、筒の上に板を置き、その上に
乗ってバランスを取りながらの芸、女性が上向きで寝て足を上げ、4m
ほどの竹ざお(直径10cm位)の両端に子供がぶら下がっているのを
天秤のように足で支え、それを足首を使いながら徐々に回転させる。
檻の中での猛獣ショー、ライオンの輪くぐり、虎が馬の上に乗って走る、
犬が計算の答えの数字の板をくわえる。自分の出番が終わったライオンが
自ら自分の檻の中に入って行くのを見て、私は悲しかった。天日の舞台
の上では、かなりの歳のおっさんが、胸に巻きつけた針金を自分の胸の
筋力で切る。太い針金を首にぐるぐる巻く。別のおじさんが、手でレンガを
叩き割る、普通の石まで叩き割る。そしてお腹の上でセロリを刻むが腹は
切れない。それをしながらの話術で、客は大笑い。私が判ったのは好不好?
これで良いかい?だけ。答えは好(ハオ)。別のおじさんが、玉突きの
ボールよりやや小ぶりのボール、ステンレスで中は空洞らしく軽いを、口から
飲んで吐き出す。それを2個もやる。長さ40-50cmの剣(流石に刃は
無いが、薄い剣3枚まとめて)を飲む。見ているうちに嘔吐しそうになった。
あの人は胃カメラ飲むなんぞは訳無いだろう。若いお兄さんとお姉さんが、
オートバイで狭い円柱形の檻の中を螺旋状に走る。子供が自転車で
それをやる。以下数点省略。そして手品館も見る時間が有りませんでした。

私が一番凄いと思ったのは、ありふれたジャッグラーでした。普通ジャッグリ
ングは4つのボールとかボーリングピンとか、ナイフだったり火の点いた松明
などをお手玉します。最高は5つ位だろうと思いますが、ここの彼は、
6つの平リング(外径50cmほど)をジャッグルしました。6つやると、
4つは宙に浮いてる訳で、それは見事でした。次に彼はバッドミントンの
ラケット5本を宙に回してジャッグルしました。ガットの部分と握りの部分は
重さが違うために、ラケットは宙で不規則に回転する(ように見えます)。
それを5本扱いながら、自分はゆっくり一回り自転する。あれは最高でした。
以上でしたが、皆様も一度ご覧あれ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日記5422

2005-04-22 08:27:59 | Weblog
中国の反日デモ対日本側の嫌がらせ
中国の反日デモに対する、日本側の嫌がらせの実例が
東京の中国大使館から数日前に公表されました。エアガンの
撃ち込み、赤いスプレーの吹きつけ、剃刀の刃を郵送して
くる等でした。中国大使館の書記官はこれをテロだと言って
日本側の謝罪を要求していました。昨日、上海の日本
総領事館が17日のデモ隊が総領事館に与えた被害を
公表しました。投げ込まれた石とかレンガ5000個、ペット
ボトルも5000本、壁のへこみ等(何箇所か忘れました)、
凄まじい被害です。あれが何時間続いたのでしょうか?
同時に公表されたビデオを見ると中国の警察官が何も
しないで、投石を見ているシーンもありました。私は思わず
叫びました、日本側の嫌がらせがテロなら、これはなんだ!と。

ところで、日本から我が社へ来る予定のお客さんのキャンセル
が発生しました。日本側がキャンセルしたのではなく、わが社の
社長の判断で、こちらからお断り申し上げました。さて、
今日は金曜日、天津は静かに晴れて、空気は冷ややかです。
10度あるかなしか。土日のデモがどうなるんでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日記5419 反日デモ

2005-04-19 15:32:59 | Weblog
反日デモが激しくなってきましたね。しかしここは、譲っては
いけません。日本が中国の属国かあるいは何でも言うことを
聞く国になるのか、筋を通した独立国になるのかの分岐点
です。安保理常任理事国を諦めても良いから、ここで、譲っては
いけません。私の理解が間違ってなければ、理事国入りは、
中国1国が反対するだけで、充分に不成立です。多数派
工作は何の意味も無いはずです。

小泉さんが訳の判らない謝罪をし、靖国神社の参拝を取り
やめると、次は国務大臣の参拝が指弾され、国会議員の参拝、
都知事の参拝と次々にいちゃもんがつきます。A級戦犯を
除けば、B級戦犯が問題になります。つまり靖国神社問題と
言うのは、日本人が日本人であることを辞めるかどうかを
問われています。最後は靖国神社の存在そのものにいちゃ
もんが付くでしょう。小泉さんが参拝を取りやめたら、次の総理
大臣が参拝できなくなります。中国はそれを狙ってまず、1点
突破を試みています。ここで譲ってはいけません。ここは30年
前の日中共同声明の原点に立ち返り、内政には相互に
干渉しないことで相手を叩くことです。靖国神社も教科書も
内政問題です。外国が口を出すな。日本も中国韓国の
教科書には口は出さない。これ一本で行くべきです。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

天津140

2005-04-16 10:33:18 | Weblog
天津140                        5416
深圳
2005年4月10日、広東省深圳を訪ねました。すぐ訪問記を
出したかったんですが、連日の反日デモ騒ぎで、そちらにも関心
はあるし、無視はできないやらで、1週間遅れました。
基本情報:子連れ深圳と言うwebsiteをリンクさせて頂きます。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/szn/

定年になる前、日本の会社から出張で広州に出かけることが
何回かありました。その時は香港から汽車かバスで広州に出入り
しましたが、必ず通過するのが深圳です。トウ小平氏の改革
解放の掛け声で、真っ先に経済特区として開放され、もの凄い
勢いで成長してきた街、中国発展の象徴の街です。私は通過
ばかりで一度も見たことがありません。それで広州の仕事の前日、
ここを訪ねたわけです。写真の出てるwebをリンクします。
http://www2.dango.ne.jp/kimch/main/provence/guangdong/shenzhen/shenzhen.html

人口については、既にこの2つの情報で違ってますが、役所が把握
できない流入人口を考慮すれば優に1000万は居るだろうと
言われています。一人当たり可処分所得は上海を抜いて中国一だ
という情報も目にしましたが、なんせ人口が定まらないので、一番
少ない人口統計で割り算すればそうなるのかなとも思います。

10日、天津空港から深圳空港まで2時間40分。大阪や名古屋に
行くより遠いです。東京に行くのとほぼ同じです。そこからバスに乗り、
羅湖に着きましたが、あの巨大な羅湖+深セン駅のどの辺りで降ろ
されたのか今でも判りません。翌日見た駅の正面では無かったことは
間違いありません。兎に角目の前に来たtaxiに行き先を告げたら20元
と言うので、荷物もあるので(適正価格が判らないこともあり)OKと
乗り込み、ホテルに向かいました。考えたらバスが20元でtaxiも同額
でした。

一休みして、一番賑やかな所と聞いていた東門までtaxiで行き、hilton
ホテルの方に行くように、連れの中国人が告げましたが、警察官が沢山
居る所に来たら、運転手から「ダメだここで降りてくれ」と言われて、降りて
歩きました。そしたら西武デパートでしたか、hiltonの前のビルを反日
デモが取り囲んでおり、その内側、つまりビルの直前は警官隊が取り囲んで
デモ隊とお見合いをしていました。デモは何かを叫んでいることもなく、
静かに取り囲んでいたので、私はデモ隊の後ろから様子を見ていました。
hiltonの50Fの回転レストランから深センを一望しながら、ビュッフェで昼飯を
済ませました。2人で400元もしたのでビックリ。それから東門の賑やかな
所を歩いて見て回りました(スリに注意しながら)、そしてtaxiで蛇口へ
行きました。何故蛇口か?もう何十年も前に、私の海外営業で最初に
中国に物を出したのが蛇口だった、ただそれだけの理由です。素晴らしい
リゾートホテル風の南海ホテルを抜けて海を見ました。汚い、匂いのする
海でした。香港へのフェリー乗り場も見ました。

それから、そのtaxiのままMission Hills Country Clubに行きました。
180Holesの世界最大のGolf場(ギネスブック搭載とか)って言うのに
惹かれたのと、深圳の郊外も見れるだろうとの思惑です。確かにどでかい
ですね。リゾートハウスもアパートもGolf場の中で分譲販売されています。
4月15-17日(あ、今日やってる)、VISA Dynasty Cup,Asia vs 
Japanというプロのコンペが大々的に宣伝されており、丸山の顔がupで
描かれていました。

街に戻り、羅湖商業城の中のショップ(有名なコピーのDVDやらVCD
の店が無数にあり、世界のブランド品のコピーが買えます)を見て5階の
レストランで、ゆっくり食事をして、9時半にホテルに帰り、どこへも出ないで
寝ました。一人で街をフラフラ歩かないように、特に夜は危険と何回も注意
されて来てます。
翌朝は、大劇院駅から地下鉄で2元で羅湖まで行きました。
http://www.explore.ne.jp/articles/sz/sz1_index.php3
羅湖商業城のバスセンターから広州開発区までバスに乗りましたが宝安を
出たあたりから、経済特区とは全く違った開発区の様子を、バスの窓から
ですが、垣間見ることが出来ました。肩を寄せ集めるように建っている、
無数の工場群。中国の安い製造コストを支えている下請け企業郡です。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加