キューポラのある町

泣き笑いを書くから、読んでみて~

ニャ~ン

2016-11-05 22:47:16 | Weblog

出かけようと外の出たら、猫の声がして、どこのいるのかと見回したがいなかった。ん?と思ったが後から着て前の方の広い所で           ゴロンチョした、そばまで行って鼻先に手を出して触らせていただいた。

触ると右にゴロン、左にごろんとした、膝が痛てーのに離れていく、そういえばどこかにあるはず、何年か前に買った、

      マタタビの木が・・・                                  

なでるのを止めて家に戻って振り返ると、何処かに行こうとしていた、待て待て・・・

どこかに、あったぞー  ほれほれと鼻先にこれは行きそう・・・

                        座らしていただく、

始めはニヤンとは暗くなってから会っていた、銭湯の帰りにあたりがうす暗くなった来てから、あそこになんかがいるー

膝イテー、ケツイテーと言いながらチャリから降りて、撫でていたが圧迫感があるのか逃げたり、シャーしていた、あそ

嫌がるものをねえ~。

 

                        何年か前、じゃないだろう。

                           気に入らんのかね

                     猫がいた時のだから、10年ぐらいなる?

               薄くなっちゃったかな、ボケましたが乗せました。

                    手の上に乗せちゃって乗っちゃったのかしら

見ていたかったけど取って買い物に行った。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べ方 | トップ | ギャー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。