第三の白い月

未来の始まりです。
現実の始まりです。
生きたいところへ、
なりたい自分へ、
飛んでいければいいのです。

10月17日の夜の月

2016-10-17 21:35:05 | 日記
午前中に行った仕事の面接は、面接の途中から「こりゃ合格だな」という雰囲気で進んでいき、
案の定帰っている途中で合格の連絡が来た。
しかしそれがあまりにも急で、明日からというもの。
まだ前の会社に席があるので、バタバタと退職届を書き、挨拶用のお菓子を買って持っていった。
使っていなかった作業着も返した。
もうこれであの会社に行くこともない。
上司ともすっぱり縁が切れる。
それが何よりうれしかった。
私がもう少し話し上手なら、文句をいっぱい言ってやりたかったのけど。
でももう一生会わなくていいのだ。
自分へのお祝いに帰りに一人で回転寿司に行った。
一人回転寿司。
頼むつもりのなかったえんがわを押してしまった。
でもいつも食べるもネタは一緒。

だから今日はお昼寝出来なかった。

夜は久しぶりにホットプレートを出して瓦そば。
また暫く夕ご飯を作れない。
料理するのはやっぱり好きだとこの休んでる間に思った。
栄養学だとか前は勉強してたけど、また始めようか。
新しい仕事が前より余裕があるならば、資格の勉強もやりたい気がする。
食生活アドバイザーも3級で止まっている。

あら私ちょっと前向きな気がする。

一つ心配なことは、新しい職場が私服ってこと。
今まで制服があったから何も気にしなくてよかったけど、明日何を着ていけばいいのだろう。
朝迷って遅れないように。

辛いことは忘れてしまおう。
明日は笑顔で過ごせますように。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日の朝の月 | トップ | 10月22日の夜の月 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む