第三の白い月

未来の始まりです。
現実の始まりです。
生きたいところへ、
なりたい自分へ、
飛んでいければいいのです。

10月17日の朝の月

2016-10-17 08:47:45 | 日記
月齢 16.1
月の出 18:47
月の入 7:13


夜中に降っていた雨はすっかり止んで、陽が差している。

何かをやろうと思うのだけど、集中力が全く続かない。
まだ気が病んでいる。
一度堕ちてしまった心が浮上するのはきっかけと時間がいる。

一人ならずっと何もせずにいてもいいのだけど、私には子どもがいてシングルだから働かないといけない。
だから今日は次の仕事の面接に行く。
とりあえず派遣で。
私の計画では、8月にまた手術があるから、7月まで働いて、10月から始まる職業訓練校のCAD/CAMを受講しながら失業保険をもらいながら、正社員で雇ってくれるところを探そうかと思っている。
今年手術して未だに体調が戻らない。
体もだけど、精神的なことの方が大きい。
来年は今年の二の舞にならないように、休みつつ、勉強しなおそうかと思う。
まあ今日面接の所が受かるかもわからないけれど。

何かにぶち当たってまず考えるのは、非現実的なことなのに、段々と現実的なことを考えるようになる。
一番の夢は宝くじに当たって、一生働かなくて好きなことをして暮らすこと。
叶いっこない夢をいつも持っている。
まあそんな人が多いから宝くじは売れるのだろうけど。

ここ2・3日は本当にやりたいことは何かということを真剣に考えている。
果たして次にやろうとしている仕事がやりたいことなのか。
興味や関心があることは何なのか。

そろそろちゃんとやろう。
腐るわけにはいかないでしょ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日の朝の月 | トップ | 10月17日の夜の月 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む