日本最古の道祖神がある福寿草の里信州沢底  50数年前のセピア色した田舎暮らし 週末田舎暮らしを体験してみませんか?

さわそこ里山資源を活用する会は、間伐されて放置されている木材を簡易製材機で製材し、小屋の材料、看板等に利用しています。

辰野東小2年生 手前味噌づくり

2017-06-13 20:59:11 | 練習

朝7時に火を付けて、9時30分から味噌づくりです。沢底からベテランが3名助っ人で参加してもらい、無事38kgほどの味噌を仕込みました。

ミンチした味噌に、麹と塩を混ぜておむすびにしました。塩分14%

金山寺麹を、湯たんぽと機械で作ってみました。今月中に私も10kgに挑戦しようと考えています。

家の前の田んぼ“セリ田”を、2回目の除草機を押しました。

穴山水路の補修が進んでいました。感謝感謝です。

読書マラソンreading 42books marathon 現在6冊目「おれは権現」に挑戦中!

各 位                                            平成29年6月11日

さわそこ里山資源を活用する会 会長有賀勝

7月ほのぼの昼食会について(お知らせ)

入梅の候 ほたる祭りが開幕、ホタルも大量発生し素晴らしい乱舞が見られます。沢底でも養殖路を整備して、ホタルを復活したいものです。皆さん如何お過ごしでしょうか。

 俺んち化構想とは、何時でも誰かが居て、ストーブが暖かくお茶が飲めて、気軽に寄って話しが出来る居場所づくりです。その一環として毎月1回入村ふれあいセンターに集まって、昼食会を行い楽しい一日を送る“ほのぼの昼食会”です。参加者が極端に少なく、寂しい昼食会でした。皆さんの気持ちを聞きながら、少しずつ充実をして行きたいと考えています。高齢者の独り暮らしの皆さんだけでなく、都合の付く皆さんが集まり、月に一遍ですが昼食を楽しく頂き、村の将来等を語り合う場に、機会になればと考えています。お誘い合わせの上、多くの皆さんの申込みをお待ちしています。季節に収穫される沢底産野菜等の提供を、是非お願い申し上げます。梅雨時ですので、熱中症に負けない、スタミナ料理を考えています。

 調理ボランティアを募集すると共に、レクレーション補助、送迎支援、手仕事(簡単で楽しく誰でもが出来る手仕事は、ないでしょうか。アイデアを募集しています。)指導等をお手伝いして頂ける方は、事務局への登録をお願いします。

  1. 日時 7月1日(土)午前9時から午後3時まで
  2. 会場 入村ふれあいセンター
  3. 内容 うなぎまぶし・味噌汁・野菜サラダ
  4. 会費 無料 ただし、手づくりの野菜や自慢の漬物等を少々持参する。
  5. 定員 20名
  6. 申込み 準備の都合がありますので、出席の有無は28日(水)までに事務局へ連絡する。

 

H29.6.10(土)若宮平御田植祭

事務局:0266-41-0686 Cell:090-9158-4991 E-mail:fukujuso@po.lcv.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 辰野ほたる祭り開幕 | トップ | 麹づくり 手前味噌づくりに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む