日本最古の道祖神がある福寿草の里信州沢底  50数年前のセピア色した田舎暮らし 週末田舎暮らしを体験してみませんか?

さわそこ里山資源を活用する会は、間伐されて放置されている木材を簡易製材機で製材し、小屋の材料、看板等に利用しています。

花三題 オオイヌノフグリ

2017-03-20 18:46:56 | 練習

管理機で耕していましたら、可憐に咲いていました。

福寿草まつりの観賞期間も昨日終わりましたが、今日は暖かく、日影や木の影はまだまだ咲いています。

まだ行った事はありませんが、浜松市舘山寺近くに、フラワーパークがあるようで、そこの植物課長さんが分けてくれた福寿草が今年初めて咲きました。コンペイトウを郵送して、水苔で被いながら発芽させますと、100%出るようです。いっぱい貰ったですが、管理が悪いのか育ったのはこれだけです。隣りのNさんと話したのですが、裏の土手に出て来る「苗」を、ポットに植えながら育ててみようかを考えています。毎年200ポットで5年計画、壮大な計画ですが、さて上手く行くでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福寿草まつり 片付け作業 | トップ | やまびこフォーラム幹事会 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む