日本最古の道祖神がある福寿草の里信州沢底  50数年前のセピア色した田舎暮らし 週末田舎暮らしを体験してみませんか?

さわそこ里山資源を活用する会は、間伐されて放置されている木材を簡易製材機で製材し、小屋の材料、看板等に利用しています。

1泊2日諏訪湖展望

2017-05-16 23:07:27 | 練習

パンツの穴の会結成

上伊那地域ネットワーク総会 年々会員数が減って寂しくなるばかり、会員増を課題に頑張ります。

3匹ですが、1匹が分かりません。

読書マラソンreading 42books marathon 現在5冊目「歳月(下)」に挑戦中!

秋篠宮悠仁親王御生誕奉祝

 “若宮平の棚田再生” お田植えまつりについて

(6月ほのぼの昼食会)

 昭和3年6月10日入村若宮平の斎田において、昭和天皇御即位記念の御大典の田植えが行われた記録、写真が残されています。写真には40人近い早乙女が田植えをし、畔には神主を中心に役員が立ち、それを多くの老若男女が見守り、集落上げてのお祝い風景が見て取れます。またそのうしろには戦前ののどかな田んぼや家並みが広がっています。鎮大神社には昭和3年11月10日に御大典が行われ、その記念として鳩山一郎内閣書記官長揮毫の社号標が石段横に建立されています。

 今年も地権者並びに周辺住民の皆さんのご理解、ご協力を頂き、斎田を復活し、お田植え祭を下記により実施します。若い早乙女をお願いし、厳かの中にも賑やかなお田植えになることを願っています。多くの皆さんの参加をお願い申し上げます。

 諸事情により、ほのぼの昼食会が5月に出来ませんでした。お田植え祭りに併せて行います。草もち、豚汁等々を予定していますので、お誘いあわせてお出掛け下さい。

  1. 日 時 平成29年6月10日(土)午前10時から
  2. 会 場 若宮平斎田並びに入村ふれあいセンター
  3. 内 容 神事 田植え 直会
  4. 募 集 早乙女10人ほど 観衆多数

平成29年5月吉日

鎮大神社奉納斎田お田植え祭実行委員会

実行委員長有賀勝

 

申込・問合せ先:〒399-0423 長野県上伊那郡辰野町大字沢底836番地

☎0266-41-0686 Cell 090-9158-4991 E-mail aruga4510@po32.lcv.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 茸山巡視&テープ点検作業 | トップ | 板沢地区最終処分場建設阻止... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む