日本最古の道祖神がある福寿草の里信州沢底  50数年前のセピア色した田舎暮らし 週末田舎暮らしを体験してみませんか?

さわそこ里山資源を活用する会は、間伐されて放置されている木材を簡易製材機で製材し、小屋の材料、看板等に利用しています。

片付け&地拵え作業

2016-12-07 15:45:20 | 練習

植林を新規に計画していますので、片付けをしながら地拵えを行いました。薪材を4台ほど搬出し、その後棚を作りました。

各 位                                            平成28年12月1日

さわそこ里山資源を活用する会 会長有賀勝

農山漁村振興交付金事業について(お知らせ)

冬支度の候 先週の大雪には驚かされ、後片付けも出来ない儘、初冬モードになって仕舞いました。皆さん如何お過ごしでしょうか。

 近年農業を、農村を取り巻く情勢は、大変厳しいものがあり、5年後はどうなるのかと心配し、憂慮しています。農山漁村振興交付金を活用して、少しでも地域が元気になることを願って次年度に向けて取り組みたいと考えます。事業説明を受け、地域の課題を話し合いながら、問題が解決する様会議を設定しましたので、ご賛同頂きます様ご案内申し上げます。

  1. 日時 平成28年12月8日(木)午後6時から1時間ほど
  2. 会場 町民会館 102号室
  3. 内容 平成29年度取り組みについて (経過報告と今後の予定)

      農山漁村振興交付金(都市農村共生・対流対策及び地域活性化対策)

仮テーマ 「中山間地に於ける5年後の農業、10年後の地域社会 今出来る事」

  1. 説明 赤井田幸男さん(ハレノヒAMSインダストリアル㈱代表)
  2. 取組み 現在の最重要課題、次年度要望事項(取り組みたい事業3点ほど)を記入して、当日受付に提出して下さい。
  3. その他 ご出席頂ける方は、事務局まで人数等をお知らせください。

事務局:有賀茂人 Cell:090-9158-4991 Fax:0266-41-0686 E-mail:aruga4510@po32.lcv.ne.jp

※TPP・PPAPとTramp・ピコ太郎とが近頃混同しますが、トランプ氏当選で、TPPはどうなるのでしょうか。自由貿易、保護貿易かは分かりませんが、農家を、農村地域社会を守って行かなければなりません。(酔)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・キリトリセン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

団体名

課   題

取り組みたい事業

 

 

①    

 

②    

 

③    

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福寿草へ松葉を | トップ | まとまらない会議 農山漁村... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む