日本最古の道祖神がある福寿草の里信州沢底  50数年前のセピア色した田舎暮らし 週末田舎暮らしを体験してみませんか?

さわそこ里山資源を活用する会は、間伐されて放置されている木材を簡易製材機で製材し、小屋の材料、看板等に利用しています。

道祖神(日向村)

2017-02-13 18:39:42 | 練習

道祖神が春の陽射しに、穏やかに佇んでいました。

十万人講 水路の蓋になっていたものを据えたようです。

悩みの種です。①18災で崩壊したことを知りませんでした。②補助事業があることを知りませんでした。3月の復旧する事になりました。

読書マラソンreading 42books marathon 現在41冊目「大阪侍」に挑戦中!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鎮大神社 祈年祭 第15回沢... | トップ | 凍りもち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む