あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

浦安連続傷害事件犯人の動画はTVで流しちゃダメだろう

2016年10月20日 | 生活
10月18日の夕方、千葉県浦安市の路上で男女3人が
相次いで包丁で切りつけられる事件があった。

被害者は、いずれも命に別条はないという。



警察は現場付近で包丁を持っていた32才の女を殺人未遂の
疑いで現行犯逮捕。

女は警察の調べに対し、「悩むことが限界になり、やけに
なって人を刺した」と容疑を認めているという。

しかし、TVはニュースで取り上げる際に犯人の氏名やブログ、
YouTubeにアップしていたカメラ目線の動画まで公開。

焦点の合わない視線で「殺人への衝動」などを語る様には
ゾッとするものを感じたし
「こんなもんTVで流しちゃダメだろう」と別の意味で薄ら
寒い感覚を覚えた。

まず、不快この上ないし。そのうえ“予備軍”が見たら
「自分も!」とスイッチ入っちゃうよ。

あと、相模原障害者施設19人殺害事件の被疑者も同様だが
「精神疾患の可能性ある人物」の個人情報・ブログ内容等
早々に報じるのはどうなのよ?

いや、私は精神疾患を理由に「責任能力云々」で死刑を
間逃れたりするのは不満なんですけどね。

「とりあえず凶悪事件だから、被疑者のプライベートは
さっさと報道解禁だ!」とばかりに報じまくるメディアにも
気持ち悪さを感じてしまうのです。

そして、いつの間にか彼らの“主張”や“思考”が、多くの
方向に伝わってしまう危うさ。
※相模原のヤツはヒットラーへの親近感を語ってたしね…

そりゃ知ることも大事ですけどね。
聞かしちゃヤバイ連中もいますよ。予備軍みたいな連中が。

「伝染る」って言いますからね、ああいうのもね…。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々ねこカフェへ | トップ | 電通新入社員の過労自殺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。