あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

「2016年キネマ旬報ベスト・テン」表彰式に片渕監督とのんちゃん登壇

2017年02月09日 | アニメ・特撮
2月5日、キネマ旬報社が主催する「2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン」の
表彰式が文京シビックホールにて行われ、片渕須直監督ら受賞者らが登壇した。

歴史ある映画賞「キネマ旬報ベスト・テン」で「この世界の片隅に」が日本映画
監督賞を獲得したとして大きな話題となった片渕監督だが、
読者選出日本映画監督賞も獲得し、ダブル受賞の栄誉も手にした。(凄い!)



会場には、お祝いのために”のん”ちゃんも駆け付け、
「片渕監督が形に残るもので評価していただけたのが、私も自分の事のように
嬉しいです」と喜びの言葉を述べたそうです。

さらに、すずさんの声で
「ありがとう。この世界の片隅にうちを見つけてくれて」と名セリフも披露し
会場から喝采を浴びたとの事。



既に報じられた通り、アニメーション作品が第1位に選ばれたのは1988年度の
「となりのトトロ」以来。
日本映画監督賞をアニメ作品の監督が受賞する事は初めてとして、話題に
拍車が掛かっている。

【2016年 第90回キネマ旬報ベスト・テン】
◆日本映画ベスト・テン
1位「この世界の片隅に」
2位「シン・ゴジラ」

◆個人賞
監督賞:片渕須直
脚本賞:庵野秀明
外国映画監督賞:クリント・イーストウッド

◆読者選出日本映画ベスト・テン
1位「この世界の片隅に」
2位「シン・ゴジラ」
3位「怒り」
4位「君の名は。」

◆読者選出日本映画監督賞
片渕須直

授賞式の光景はTVでも放送され、長い時間は紹介されなかったが、
それでも華のある“のん”ちゃんの姿や、コメントする片渕監督の
キラキラとした瞳は印象的だった。

「さすが名作アニメ映画の象徴的存在」と感じいらずにはいられない。

関わった全ての人が素晴らしい仕事をなさった「この世界に…」だが、
やはりこの2人が前面に立つのは必然になるんだろうな。

TVのチカラは、まだまだ侮れません。
この週も動員が伸びて10以内のランクを継続。

まだまだドキドキが止まらない、「この世界の片隅に」なのです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SNS再編、継続中 | トップ | のんちゃん「この世界の片隅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。