あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

長谷川穂積、引退

2016年12月10日 | ボクシング
WBC世界スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35才/真正)が
神戸市内で会見、現役引退を表明した。

2ケタ防衛を含む3階級制覇は最も価値を感じさせるもので、その
名選手が、世界王者のまま17年間の現役生活を終える…。

決断は11月中旬。
「これ以上、証明するものがなくなった。前回以上の気持ちを作る事が
難しくなった」。



1999年11月にプロデビューした長谷川は、2003年に日本人
キラーのOPBF(東洋太平洋)王者ジェス・マーカを破り、注目を集めた。

攻撃だけでなく相手のパンチを食わない防御(特にサイドステップと
ダッキングの複合技)には目を奪われたものだ。

OPBF王座を3度防衛後、05年に難攻不落のウィラポンをも攻略しWBC
世界バンタム級王座を奪取。

その後は日本ボクシング界のエースとして活躍。
WBC世界同級王座を10度防衛する頃には倒すコツも覚え、無敵の
風格さえ漂っていた。

しかし、2010年の世界王者対決でF・モンティエル(メキシコ)に
4回TKO負けして王座から陥落してからは、激しいアップダウンを
経験する事に…。

国内初となる飛び級でフェザーの王座を獲得、世界2階級制覇を達成
したが、翌年には初防衛戦でJ・ゴンサレス(メキシコ)に4回TKO
負けして王座から陥落。

2014年のIBFスーパーバンタム級タイトルマッチでもマルティネス
(スペイン)に7回TKOで敗れ、引退が囁かれた。

強敵との復帰ロードを生き抜いた長谷川は、今年9月WBC世界スーパー
バンタム級タイトルマッチで王者ウーゴ・ルイス(メキシコ)を9回終了
TKOで破り、遂に5年5か月ぶりの世界王座返り咲きを果たした。

それは「奇跡」と呼ばれる勝利だった。

残念だったのは海外進出を希望しながら、「日本のエース」ゆえ国内での
興業からは逃れられず、ラスベガスなどでの試合が実現しなかった事。

最後までスター選手ノニト・ドニア(比)との対戦を望んでいたが、
ドネアが敗れた事で世界王者同士の対戦も無くなった。
これも引退の引き金になったかも知れない。
※ドニアが勝ったとしても対戦が実現する可能性は無かったかも
 知れないが…

引退は本人の意志ゆえ、誰も異を唱える事はないだろう。
何度も引退のピンチを乗り越え、現役世界王者のままグラブを壁に吊るす
事になった長谷川穂積。

本当に「お疲れ様でした」と申し上げたいです。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追悼:グレック・レイク | トップ | 「この世界の片隅に」大ヒッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。