あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

蕎麦屋「しながわ翁」へ

2017年07月14日 | 生活
山手線巡り。秋葉原の後は品川。 
冨田勲先生が愛した蕎麦屋「しながわ翁」へ。



以前NHKのTV番組「サラメシ」で紹介されていたのを見て、
行きたいと思っていたのだが、品川方面は訪れる機会が
少なく、やっと来れましたよ。



JR品川駅からは意外と遠かった。
品川は駅ビルからしてデカイし、周辺も高層建築が林立し
都会を感じずにはいられなかったが。
※その割には企業の自社ビルの外観メンテ(樹木など)が
 雑で、日本企業の元気のなさが伺えたよ…



少し歩くと都営バス営業所が見えてきて、「バス清掃」の
仕事募集などあって、やっと庶民的な空間に来た気が・・・。
※都営アパートのベランダのアンテナや洗濯物も私を和ませ
 てくれましたよ。



それでも少し迷ってグルグル探し、辿り着いた「しながわ翁」。
※京急の北品川の方が近いんだな・・・

一軒家で商う、こじんまりした蕎麦屋さん。
到着が午後2時過ぎゆえ待たずに入れた。

まずは板わさ、吟醸酒を注文。



先生が大好きだったという菊姫大吟醸ではなかったが、
すっきりとした口当たりと後口で、焼酎派の私でさえ
「こりゃ美味い!」と唸らずにいられなかった。

付け出しの煮物も味付け絶妙。
板わさも歯ごたえ充分で大満足。大葉からして甘み
あって驚きの味・・・。

続いて、冨田先生が必ず注文していたという鴨南蛮の
温蕎麦。



柔らかい鴨肉は爽やかな香りに驚き。
焼いた太ねぎも甘みがあり、お汁との組み合わせがイイ。
蕎麦の長さは一口サイズ。食べやすくしてくれてるのか。

そば湯も出してくれたが、これがクリーム色の美しさ!

厨房からは常に蕎麦を打つ音が聞こえ、店舗の規模から
すると人が多い気もするが、修行する人を受け入れてる
でしょうね。

贅沢な時間が過ごせました。
また来たいねぇ。次は盛り蕎麦にしようかな?
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  「東京アニメセンター」に行... | トップ | 片渕監督作品オールナイト上... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。