あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

三浦隆司の米国世界挑戦は大差判定負け

2017年07月16日 | ボクシング
日本時間7月16日に米・カリフォルニア州イングルウッド
ザ・フォーラムで行われた世界戦。

WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦
王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ) vs 三浦隆司(帝拳)

WOWOWが7月16日午前11時から前座試合から生中継。
試合はフルで見る事が出来た。
※長谷川穂積氏やローマン・ゴンサレスの姿も確認できましたよ。

ただし試合は、悪いパターンを脱却できずに最終ラウンド終了まで
持ち込まれた印象だ。



三浦は、“ボンバーレフト”の異名のとおり、左の豪快なパンチを
主武器とするサウスポーの元王者。

タフな打ち合いで会場を沸かせる強打者として知られるが、序盤は
固く、相手の先制を浴びる事がある。

王者は初回、そこを突いてきた。
三浦が右をダックしたところに左フックへと繋げ、ダウンを奪う。

王者のホームといえるロスのフォーラムは大歓声。
ここは強打をのぞかせて王者の追撃を凌いだ三浦だったが、前に
出ても手が出ない展開でポイントを失っていった。

三浦の強打を熟知した王者は打撃戦には乗らず。
足を使って自分の距離をキープした。

三浦がミゲール・ローマンを豪快KOで降して挑戦権を得た試合は
相手が打撃戦に応じてれたが、今回そうは行かなかった。

タフゆえに被弾を恐れず、強打を打ち込むスタイルは万国共通で
人気を得るが、反面「危うさ」も付きまとう三浦。

リードパンチと上体ムーヴを課題として今回の試合に臨み、時に
そういう動きもあったが充分ではなく、被弾と手数差を呼んだ。

特に三浦の左を警戒するベルチェルトなれど、今回は意外と三浦の
右フックがタイミング合っていた(特に序盤)。

これが当たれば…と思ったがカウンターは不発。
王者は位置取りが上手く、ジャブを中心とした手数も多い。
ポイントはワンサイド。

三浦が攻めると会場が沸く。(そりゃ激戦が見たいよな!)
足を使う王者、メキシカンじゃなかったら大ブーイングだろう。

三浦のボディ打ちが効果を上げてきたが、王者はラウンド終盤に
集中打を繰り出して来る。やはり上手い。

相手がバランス崩せば死角から攻撃するベルチェルト、一方の三浦は
棒立ちのまま相手の体勢が戻るのを待っている。
※「機を見るに…」の対応が違い過ぎだ

終盤、三浦は声を上げて強打を振る。王者は腹が効いている。
もう一攻めで逆転の展開だが、ベルチェルトの逃げ切り体勢を崩せず。

王者はクリンチも上手い。三浦の(顔面)パンチは的中率が…。
そう思ってるうちに試合は最終ラウンド終了。

判定は3-0の大差でベルチェルト。
(111-116、108-119、107-120)

一人が王者フルマークというのには驚かされた。
※ホント米国はボクシング・ポイントに偏ってると実感するよ…。

インタビュアーが三浦を「強豪」として敬意を払っているのが
救いか…。

ベルチェルトの戦績は、33戦32勝(28KO)1敗(1KO)。
三浦は、36戦31勝(24KO)4敗(2KO)となった。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東池袋「とんかつの清水屋」... | トップ | ジェスレル・コラレスは負傷... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。