あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

山中慎介は予想外の激戦でアンセルノ・モレノをKO!

2016年09月17日 | ボクシング
9月16日 エディオンアリーナ大阪
プロボクシング「WBC世界バンタム級選手権12回戦」
山中慎介(帝拳) TKO7R アンセルノ・モレノ(パナマ)

王者山中慎介(33才)が左で合計3度ダウンを奪い、日本歴2位
タイの11度目の防衛に成功した。



同級1位アンセルモ・モレノ(31才)との1年ぶりの再戦は、
前回の僅差判定負けの教訓から挑戦者が積極的に手数を出す。
初回から前に躱してパンチに繋ぐモレノはワンツーからの連打で
山中の腰を落とす。

モレノのペースで進んだと思われる初回だったが、モレノが大きく
右アッパーを放ったところで山中の左ストレートがジャストミ-ト!
モレノが四つん這いのダウンを喫する波乱のスタート!

インターバルで回復したモレノも体勢を建て直し、スリリングな
パンチの交錯は続く。

お互い速いパンチ、シャープなリード、危険なタイミング・・・。
サウスポー山中は、ダックするモレノに左ストレートを打ち降ろし、
さらにボディにも散らしている。

山中がペースを掴んだと思った第4Rにはワンツーからの右フックに
右フックを合わされて両足を跳ね上げる派手なダウンを喫する!

第5Rもお互いのパンチでグラつきあう凄まじい展開。
山中の左ストレートか、モレノの右フックか!?

ただし、得意パンチと隙は紙一重。
山中の左ストレートはフォロースルーが効いてるが故に、続いて返す
右フックが遅れる傾向にある。
そこに右フックを合わせてくるモレノ!
一瞬先が闇という攻防はスリリングだ!

※じゃあ、山中は左ストレートを打ち抜かずにショートで止めて
 右フックに繋げればイイじゃないかと思えるが、そうは簡単に
 いかないのがボクシング。
 山中は左を振り抜く事が身体に染み付いているのだ!

第6Rも相変わらず紙一重の攻防が続く。
しかし、ここでも展開を切り裂いたのは山中の左ストレートだった。
ジャブの差し合いから相手の右肩越しにヒットした左で、モレノは
コーナーに吹っ飛ぶダウン!

これは効いたが、立ち上がったモレノは徹底的なクリンチとボディ
ワーク、フットワークでこの回終了ゴングに逃げ込む。

チャンス後のラウンドは狙いすぎて上手くいかないのが世界戦でも
よくある光景で
効きながらもモレノが誤魔化しに来るかと思ったが、第7R開始
20秒過ぎ、山中の左がモレノの左にドンピシャのカウンター!

後方に弾き飛ばされたモレノはロープを枕にダウン!

万事休すと思われる強烈ダウンだったが、なんとモレノは立ち上がり
試合続行。おそるべきプライド。

しかしダメージは深刻で、山中の追撃からの左を浴びて自コーナーに
ストンとダウン。
レフェリーが即座にストップした。

先に王座を奪回していた長谷川がリングに上がり、2人で抱き合って
喜びを共有。両者の勝利を祝福した。

これまで41戦してKO負けなしのモレノを倒しての勝利、価値は
大きい。

試合後、本田明彦会長が語った通り、モレノが出てきてくれた事で
面白い試合になった。

ワンツースリーのタイミング微調整など、やはり課題は残っていると
思うが、まずはゆっくり休んで次戦への英気を養って欲しい。

年間最高試合の最右翼試合。
素晴らしい激戦に感謝!
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長谷川穂積がTKO勝ちで3... | トップ | 長谷川穂積、ウーゴ・ルイス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。