あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

サウンドガーデン / オーディオスレイヴのクリス・コーネル、死去

2017年05月19日 | 洋楽
サウンドガーデンやオーディオスレイヴでフロントマンを務めた、
クリス・コーネルが5月17日に、亡くなった。



享年52。
サウンドガーデンのツアー中で当日も数時間前に米デトロイトで
公演を行なっていたという。

翌日の検視報告によると「死因は首を吊っての自殺」。

警察によると、家族からの依頼で様子を見に行った友人が、バス
ルームで意識のない状態のコーネルを発見。
到着した救急隊がその場で死亡を確認したとの事。



コーネルは最近のインタビューにて、サウンドガーデンの新譜に
関して意欲的な発言をしていたという。

まだ52歳というか、もう52歳だったのか…というか。
グランジ・ムーブメントから出てきたミュージシャンだけに新鋭と
長らく思ってきたが、あのブーム自体が1990年代初頭…。
随分経ってるんだなぁ。



オーディオスライヴの1stが2002年。
こちらは、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンとサウンドガーデン
合体と言われ、アルバムの音圧というか新しいHRの迫力に圧倒され
たものです。もちろんクリスのヴォーカルも最高でした。



…前向きな事を言ってた人が一転して自殺。
精神的な上がり下がりがある人物には有り得ること。

そもそもニルヴァーナのカート・コバーンからして自ら命を断って
いますもんねぇ。
シーンを代表するフロントマンが時を経て次々と…。



残念です。
グランジは私にロックの生々しさを再認識させてくれたし、パンクも
ツェッペリンも等価と表明してくれました。
※何度も言うけど、一時期はツェッペリンでさえも「古臭い恐竜」と
 クソ扱いされてたんだからな!

その代表選手として時代を駆け抜けたクリス・コーネル。
ありがとう。そして、安らかにお休み下さい…。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴジラ全映画DVDコレクターズ... | トップ | WBOライトフライ級王者 田... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。