あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX10「海底軍艦」を見た

2017年05月17日 | アニメ・特撮
ホントはもっと前に見てるんですけどね。
感想をUP出来ずにおりました。

出演してるのは我らが、高島忠夫+藤木悠コンビ。
そして佐原健二、上原謙、小泉博、平田昭彦、天本英世、
藤田進という、東宝オールスターズです。



製作:田中友幸 原作:押川春浪『海底軍艦』
脚本:関沢新一 音楽:伊福部昭
特技監督:円谷英二 監督:本多猪四郎

まぁ、間違いないですから。
「凄かった」「面白かった」「音楽も最高」って言葉しか
出ませんよ。



「海底軍艦」ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX Vol.10
2016年 11/29号。

復刻パンフとかも素晴らしい。
伊福部先生は最も脂が乗ってた時期ゆえ、テーマ曲の重厚さ
勇壮かつ哀愁を感じさせるメロディ…と最強なのです。

ジャンルとしては特撮SFモノですよね。
一応、怪獣っぽい存在を出しとこうと「マンタ」が登場。
※強いて挙げれば海底軍艦を大きく見せる演出がもう少し
 欲しかった…


 
キングコング対ゴジラ同様、高島忠夫と藤木悠のコンビが
時にコミカルな活躍を見せ、ややもすると重くなるテーマを
緩和してくれています。

親子愛あり、戦争に翻弄された人物像あり(上原謙さんが
温厚ながら時に見せる厳しさが素晴らしい!)、今になって
観ると「日本は戦争を放棄し、世界は戦いの時代を越えた」
時代背景が懐かしくなる。



大日本帝国を轟天号の力で復活させようとする神宮寺大佐は、
時代遅れの亡霊のような存在。
一方、再び地上を征服しようとするムゥ帝国…。

エンディングの余韻として、
神宮寺大佐の元上官である楠見元技術少将(上原謙)は、
きっと「日本は技術で世界一になったぞ。お前の力も平和の
為に必ず役に立つ」と諭したのではないか…と。

そんな遣り取りがあったと思うのです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヤングキング2017年05号」... | トップ | ゴジラ全映画DVDコレクターズ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。