あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

「ペヤング超大盛やきそばHALF&HALF激辛」を食う

2017年06月19日 | 生活
4年前の新発売商品を初食い。
まぁ、「激辛」もそんなもんだったけど。

「ペヤングソースやきそば超大盛」のヴォリュームで「激辛」とコラボさせた、
そんな商品。それが『ハーフ&ハーフ』。



パッケージも白と赤のイメージで。
まるか食品「ペヤング超大盛やきそばハーフ&ハーフ激辛」

まろやか「ソースやきそば」と「激辛やきそば」単体で味わうだけでなく、
両方混ぜて食べて三度おいしい・・・それが売りだとか。



表パッケージを剥がす。
かやくは一袋、ソースはそれぞれ。そしてスパイスと青のり。

マヨネーズとかは付いてないのな。
まぁ、ハナから付いてるとは思ってないけど。



蓋を開ければ乾燥の即席麺が二玉。

カップには仕切りが無し!超大盛と同じ物を転用してある。

フタに作り方が表示されている。まずは熱湯入れて・・・のパターン。
いつも通り3分待って湯切り。

ここで内容物が片方に寄るが、麺の玉は混ざらないそうな。



湯切り終わって蓋を全開。
かやくは偏っている。なので、箸でつまんで分ける。

ソースはそれぞれの麺ごとに掛けるので、麺全体は掻き混ぜない。
ちなみに、スパイスとふりかけはノーマル版用。

もう、この時点で
「ぜんぶ混ぜたい!」「いっそ別の器に分けたい!」という欲求に
駆られてしまう。



耐えながら別々にソースを掛けた。
ソースの色が濃い方がノーマル版、薄くて赤い方が激辛。

ここでも滅茶滅茶に掻き混ぜたい欲求に駆られるが、我慢して別々にまぜる。
ここでマニュアル通りにやらないと。何のための「HALF & HALF」なのか。

ちなみに、ふりかけは失敗して両方に掛けてしまった。
このへん完全に捨て鉢になっている。

「なぜ即席カップ焼きそばで、ここまで耐えなければならないのか!」
「欲求を我慢した先に何があるというのか!?」・・・と。

‥‥で
別々に混ぜて、ノーマル版のソースやきそば、激辛やきそばを単体で食べてみる。
いつも通り、それぞれの味。辛い方は涙が出るほど辛い。

そして「ハーフ&ハーフ」な食し方。
残り少なくなったところでタガが外れたかのように、全部を一気に混ぜて食らう。
ガツガツと。

ああ、普通に合わさった味だ。我慢した先には予定調和な味があった。



しかし、精神的なカタルシスはあった。
耐えて耐えて、一気に混ぜて食う。麺の均衡を破壊する。

そう、破壊のカタルシス。
忍耐と破壊、緊張と解放。2立背反の「HALF & HALF」。

ボリュームが大きいから腹持ちの満足感もある。
もちろんメーカーは味覚への働きかけを考えたんだろうが、むしろ私には
腹持ち&精神的な面が大きい。

そんな印象を受けた「ペヤング超大盛やきそばHALF&HALF激辛」なのでした。
『B級グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アヌシー国際アニメ映画祭2... | トップ | ジェイ・ケイの腰痛でジャミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。