あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

タイのプミポン国王、死去

2016年10月15日 | 生活
タイ王室が発表、ロイターなどが伝えたニュース。
タイのプミポン国王が10月13日、88歳で死去したとの事。



プミポン国王は1927年12月5日生、1946年6月には兄の
ラーマ8世の死去により、18歳で即位。

世界で在位期間が最も長い君主として有名。
軍事クーデターが発生しても標的にされたという話を
聴いた事がない。

とにかく国民に愛された国王だった。



ボクシングの世界戦に登場するタイ国ボクサーの多くは、
入場からリングイン~セレモニーから試合が決した後も
国王の肖像を掲げていた。

近年は健康を害していたプミポン国王。
入院後の検査で感染症のほか、肝臓にも異常が見つかり、
9日には「容体は不安定」と発表されたばかりだったという。

両手を合わせる仏教の国タイ。
そういう意味では親近感を覚えたものです。

プミポン国王のご冥福をお祈り致します。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボブ・ディランがノーベル文... | トップ | 「週刊少年ジャンプ」2016年4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。