あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

目医者に行った

2017年06月30日 | 生活
「クモの糸が身体を這う感覚」案件の続報。

まず目医者に行った。症状を正直に話した。
まず検査となった。



表面のみならず網膜や硝子体、視神経まで…。
結果から言うと網膜剥離や網膜裂孔など無し。

言われたのは「加齢による視神経の能力低下」。
白内障や緑内障にも至っておらず、もう少し
影が出来たら緑内障を疑わなければならない、
視界に見える物が大きくなったら来てください
…と言うことで。目薬の処方もなし。



参った。
眼疾の心配は無くなったが、症状改善には何の
解決にならない。違和感は変わらない。
顔や首、腕に糸が這う感覚も変わらない。

その辺は「皮膚科」も勧められた。
次はそうだろうなぁ。

飛蚊症などに効く栄養素として「ルテイン」が
紹介されているが、ネットを検索すると、結局
サプリの紹介になってオシマイ。

出来たら食物から摂りたいと、もう少し調べると
「アーモンド」「カボチャ」「ニンジン」「カシス」
「ブルーベリー」が紹介されている。



それはそれとして、
その先ですがる病院は神経科か…。
もう、自分自身が糸を生み出してる気さえするよ。

「あにまるケダマン」のクモ女のように…。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クモの糸が身体を這う感覚 | トップ | 「日本の音楽家を知るシリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事