あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

戦時中のラジオ

2017年07月12日 | 生活
「この世界の片隅に」では広島放送局のコールサイン「JOFK」が
たびたび登場しますが
※記号ではアルファベットOKだったんですねぇ。
 ~というか、禁止や罰則あった訳ではなく自主規制的に敵性語を
 使わなくなった模様…。



空襲警報などの情報をいつでも聴けるよう、常時電源を入れたまま
だったという戦時中のラジオ。

しかし、当時のラジオは長波だった為、混線が起きやすく海外の
放送が聞こえる事があったという。



それに感化されたのが、故・冨田勲先生。

「長波ってのは混線の神様」とコメントされ、小学生時代にラジオで
聴いた海外放送から流れてくる音楽=ジャズやラテン、シャンソン、
カンツォーネやクラシックに耳を奪われたという。



特にクラシックの、ストラヴィンスキー代表曲の『春の祭典』には
凄い衝撃を受けたとの事で。

それまで聴いてきた軍隊的な鼓笛隊マーチと異なる色彩豊かな楽曲。
その衝撃が後の作曲家・冨田勲を誕生させたのだから、凄いとしか
言いようがありません。



『春の祭典』は伊福部昭先生にも大きな指針を与えた楽曲ですから
その影響力の大きさには恐れ入るばかり…。

※残念ながら私自身は、その凄さを理解しつつも「お気に入り曲」に
 までは至らず…。



今ではネットでラジオ放送が聴ける時代だし、なにげに入った飲食店で
流れるAMラジオで思わぬ出会いもある事に変わりは無い。

以前ソバ屋さんAM番組で紹介されてた「昔ビリー・ジョエルが組ん
でたバンド」の技巧曲、探さなきゃなぁ…。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州北部で豪雨被害 | トップ | 成城石井で「パクチーナッツ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。