あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

「ニッポン国VS泉南石綿村」好評!

2017年10月10日 | 生活
「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督による新作が好評だ。

「ニッポン国VS泉南石綿村」が、山形国際ドキュメンタリー
映画祭2017のインターナショナル・コンペティション部門に
出品され、それを見た人々から絶賛の声が上がっている。



※画像はポスター・イメージ。さすがのデザインだ…。

「ニッポン国VS泉南石綿村」。
大阪・泉南地域の石綿(アスベスト)工場の元労働者とその親族が、
損害賠償を求め国を訴えた“泉南アスベスト国家賠償請求訴訟”。

本作は、
その8年にわたる闘いを原監督が記録した長編ドキュメンタリーだ。

Twitterなどでは
「深刻な題材なのに面白かった」「さすが大阪、笑わせてくれる
シーンあり」と鑑賞者から好意的な呟きが相次いでいる。

間に休憩が盛り込まれる長尺映画(215分!)なのに、この辺は
さすが原一男監督と思わずにいられない。

ご本人は以前「奥崎謙三氏ほどのスーパーヒーローが居ない」と
難しさも語ってらしたが、最後は市井の人々のパワーが現れた模様。

同作品は2018年3月より東京・ユーロスペースにて公開されるが、
その前に第18回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2017で
特別招待作品として上映されるというから、ぜひ観たいところだ!



※原一男監督はコンペティション部門の審査委員長を務めるとの事。

アッバス・キアロスタミ監督の遺作も上映されるというし、
なんとか足を運びたいものだ。

第18回 東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 2017
期間 : 11月18日(土)~11月26日(日)(全9日間)
会場 :有楽町朝日ホール(有楽町マリオン)
   (メイン会場:11月19日~11月26日)
    TOHOシネマズ日劇(オープニング「日劇1」、
    レイトショー会場「日劇3」:11月18日~11月26日)
   (共催企画 Talents Tokyo 2017)有楽町朝日スクエア
   東京国立近代美術館フィルムセンター
   (映画の時間プラス会場:11月23日、11月26日)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年秋の運動会 | トップ | 「花園メリーゴーランド」が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活」カテゴリの最新記事