あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

ロック・ドラマーのジム・コウプリー死去

2017年05月16日 | 英国ロック
私にとっては「ジム・コプリー」の方が馴染み深いが。

ジェフ・ベックやチャー、ポール・ロジャース、トニー・アイオミ、
ティアーズ・フォー・フィアーズ、GO-WESTらとの共演でも知られる
英国出身のドラマー、ジム・コウプリーが亡くなったとの事。



コウプリーは2015年12月に白血病と診断され、骨髄移植を受けるも、
その後に再発。
最早それ以上の化学療法を望まず、残りの日々を暮らした模様。
享年63歳。



日本のロックファンにはチャー(Char)と組んでた事で知られており、
私自身はPSYCHEDELIXでのコプリーのプレイを印象深く覚えている。

弾力あるスネア音とバスドラの細かい踏みっぷり、ニュアンス豊かな
手数・・・。3ピースのグループにガッチリ嵌っていた。



96年からは元FREE、バッド・カンパニーのヴォーカリスト=ポール・
ロジャースのツアーメンバーとして世界中を回っている。

※メンバーを気に入ったロジャースは、同じ面子でスタジオ・アルバム
「NOW」と「エレクトリック」を製作。



1996年に発表されたライヴ・アルバム『Paul Rodgers Live/
the Loreley Tapes』で、コプリーの手数の多いドラミングを
堪能する事が出来る。

同じメンバーで来日も果たし、「やっぱりP・ロジャースとは英国
ミュージシャンが相性イイよな」と納得させられた。
※ジェフ・ホワイトホーン(g)、ジャズ・ロッホリー(b)・・・



1996年7月12日のクラブチッタ川崎。
オールスタンディングゆえ、私は前から2列目で彼らを見る事が
出来た。素晴らしい歌唱と演奏だった。

「日本のビールと焼き鳥、しゃぶしゃぶ好きの大の親日家だった」
~なんて聞くと、ますますシンミリしてしまう。



プレイを目前で見たミュージシャンが亡くなるのは寂しいものだ。

ありがとう、ジム・コプリー。
どうぞ、安らかに・・・。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腰をやってしまった | トップ | 整骨院に行った »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。