あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

「切腹最中」を購入

2017年03月21日 | 生活
別に仕事で失敗してお詫びが必要になった訳ではないが
新正堂の「切腹最中」を買った。

フリーペーパー『R25』の「お詫びの品」の1位にも選ばれ、
味も良い和菓子という事で、いつか食べたかったのだ。



たっぷりの餡がハミ出したような最中の姿は、まるで切腹
したかの様で。

新生堂さんのお店が浅野内匠頭が切腹した場所(田村屋敷跡)
という事もあって、「切腹」の名前を商品にしようしたそうだ。

「義士最中」「忠臣蔵最中」にしようかとも思ったが、どうも
しっくり来ず、やっぱり、最初に思いついた「切腹最中」に
決めたとの事。
周囲は大反対だったらしいですけどね(笑)。



当初、売上はボチボチだったようだが。

15年ほど前、ある証券会社の責任者が、「お客様に損をさせて
しまい、お詫びに行くのだがよい手土産はないか」と相談に来て、
半分冗談で「詰め腹を切ってきました」と、これを持って行けば?

・・・と言ったら本当に買って行き、改めて現れたその人は「笑って
許してくれたよ」と教えてくれたとか。

それがメディアに取り上げられ、いまや名物となった「切腹最中」。
お詫びだけじゃなく、お礼の品としても使われてるんだそうな。



変わり種のネタとしてだけじゃ、ここまで受けません。
味も良いです。

パリパリの皮、しっかり甘いのにサッパリとした味わい。
まず、最中の皮は上質なもち米を使い、水分を少なめにして焦がし、
パリパリした食感を作っているそうだ、

餡は十勝産の高級小豆を使用。砂糖は糖度は高いがサッパリとした
上品な甘さの「鬼ザラ糖」を使っているとの事。

「お礼のお菓子」として使いみちがあるなら、贈り物に買うのも
ありだな。
次回はそれで購入してみよう。
ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「季刊25時 vol.9 やっぱり... | トップ | 「シン・ゴジラ」Blu-ray・DV... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。