あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

ジェスレル・コラレスは負傷判定で防衛

2017年07月16日 | ボクシング
日本時間7月16日に米・カリフォルニア州イングルウッド
ザ・フォーラムで行われた「もうひとつの」世界戦。

WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦
ジェスレル・コラレス 負傷判定10R ロビンソン・カステジャノス

スーパー王者のコラレスが、ダウンを奪われるピンチを切り抜け同級10位
ロビンソン・カステジャノスから王座を守った。



内山高志から奪った王座を危うく失いかける展開。
ただし、初回の動きは絶好調に見えた。

とにかく速い。動きもパンチも反応も。
相手パンチへのリターンもキレキレ。もっと退いて戦うかと思ったが、
自ら攻めるシーンが目立った。

好調ゆえか、相手が12敗している10位という慢心があったのか、米国
進出でイイところ見せようとしたのか…。

ただし、カステジャノスには歴戦の強者の雰囲気あり。
ロッキー・フアレス(米/42戦30勝)に勝っているし、あのユリオルキス・
ガンボア(キューバ)から2度のダウンを奪いTKO勝利を収めている。

コラレスの攻勢に押されつつも反撃を忘れず、癖のあるパンチを打ち返す。
正統派を崩すのが上手いコラレスなれど、妙な角度とタイミングで打って
こられると、どうも勝手が違う。

第2Rにはカステジャノスがバッティングで額から出血。
第3Rにはローブローでコラレスはしゃがみ込む荒れた展開。再開後に
右フックを浴びるコラレス、相手の乱戦ペースに巻き込まれたか。

そして、なんと!
第4R左フックを受けた王者は両手をつくダウン!
ノーダメージのフラッシュノックダウンと思われたが、再開後ダックした
ところで右アッパーを掬い上げられ尻餅!

まさかの2度目のダウンとなった。
騒然となるなか、このラウンド終了ゴングにクリンチで逃れたコラレス、
第4Rから被弾を警戒する姿勢を取った。

第5Rにはパンチを上下に散らし、第6Rには左ストレートで倒し返す!
予想外の倒し合い!

一気に王者ペースと思われたが、中盤は主導権の取り合い。
第9Rには打ち合いも。
※ここでWOWOW解説の西岡氏はコラレスのダメージを強調。

コラレスも序盤のスピードを失い、まだまだ勝負は分からないと思われたが、
第10R、アクシデントが待っていた。

カステジャノスがバッティングで右目下を切り、出血がひどいとして試合が
呆気なくストップされたのだ。

負傷判定となったが、採点の発表までが長い。
割れてるなと思われた採点は、やはり2-0だった。
ジャッジ1人が94―94、残り2人は94―93、96―92で王者を支持。

肩車されて大喜びのコラレス。
ヒスパニック系が多い観客席からのブーイングに∨サインで応えた。
※相変わらず、ふてぶてしいねぇ…



まぁ、私も「イイ格好しようとした痩身パナメーニョが思わぬ被弾でKO負け」
という、イラリオ・サパタvsアマド・ウルスアの再現…を期待したのだが、
それはならなかった。

また「メキシカンのカステジャノスが勝ったら、内山高志との対戦も…」と、
淡い期待を抱いたりしたのだが…、それも成らなかったなぁ。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦隆司の米国世界挑戦は大... | トップ | 「初音ミク Sings “手塚治虫... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ボクシング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。