あるBOX(改)

ボクシング、70年代ロック、ヲタ系、日々の出来事などをウダウダと・・・

目黒シネマ「シン・ゴシラ トークバトル」に行った(3)

2017年06月11日 | アニメ・特撮
映画ファンと言えば、元々がそういう御三方。

「目黒シネマ」という名画座の壇上にいる事に感無量な様子も。
樋口監督は「歴史ある映画館。自分は高校卒業するかそこらで
『Uボート』を見に来た」。

樋口尚文氏は、満員の客席を見て「満員の映画館ってイイですね」
「昔は超満員、立ち見ってのが良くありましたよね」と嬉しそう。

家族で来ていた子どもに対して「こういう満席の映画館で立ち見
なんて、いい経験ですよね~。親御さんがいい方なんでしょうね~」
…と、これまた笑顔でコメント。



樋口監督は、「目黒シネマで上映して欲しい映画として韓国映画の
3本立て」を希望。
「アシュラなんてイイと思いますね~」と、これまた嬉しそう。

壇上の皆さんは大いに肯く。
※スイマセン、私は分かりません…。

開田氏には「キングコング:髑髏島の巨神」ポスターについての
話題が振られた。

意外な事に開田さんが怪獣映画のポスターを手掛けたのは、この
映画が初めてなんだそうだ。

これには客席の皆も驚いた様子だった。



ご本人が
「今までは怪獣映画のポスター書いたことないから怪獣絵師じゃ
ないじゃんって言われてたけど、これでOKかな」…と語った時には
ダブル樋口から「そんなコト言う人いないでしょ」と突っ込みが入る。

それでも「いや、自分の中のもう一人の自分が…」と続ける開田氏に
「ああ、自分に厳しいクリエーターなんだなぁ」と感服の念がわく。



今回のポスターに関しても、資料がなくて苦労したと。
普通にUPされてる予告編のYoutube画像を見て参考にした。
「Youtubeってスロー再生できるんだ!」と今回初めて知ったと。

ヘリコプターはプラモを購入して資料にしたそうで、
「それで充分だったかは何とも…」というコメントには、場内から
「いやいや、あなたスゲェよ!」という視線が向けられました。



トークイベントも終了が迫り、「最後に一言」の時間となる。

樋口尚文氏は、「シンゴジラ」に写真出演した岡本喜八監督に
ちなんで、佐藤勝コンサートを紹介されました。
御馴染み、オーケストラ・トリプティークの公演です。



「ゴジラ対メカゴジラ」もあるよ…と、説明あったところで

お三方から伊福部昭百年紀公演の感想が飛び出した。
「いや~、凄かったよねぇ」
「大魔神のピアノ、あんな形で弾いてたのかって驚いた」
「両腕をこ~んなにしてね~!」と言って一気に盛り上がる。

※両手使ったクラスター奏法ですね!



樋口尚文氏は「ぜひ(トリプティークの公演を)見に行って下さい」と
客席のファンにも宣伝。

客席を「代表がいますから」と示すと、若くスラリとした女性が立ち
上がって皆に挨拶した。

う~ん、「シン・ゴジラ」「この世界に」「伊福部百年」
「オーケストラトリプティーク」という、馴染みの言葉が
行き交うとは。

私に取って実にオトクなイベントなのだ・・・と、個人的に嬉しくなった
ものです。



そして、開田氏のコメントは
「2018年ついに都内で開催される生頼範義展」に関して。

権利など色々あって東京での開催は難しいと言われた原画展。
期間は実質2週間ゆえ忘れず見て欲しいと述べられた。

開田氏自分も「見に行きます」…と。
「でも凄い絵だから『敵わねぇ~』と打ちひしがれるだろう」という
開田氏に「いやいや、遺志は継いでますよ」と語りかける盟友たち。
※私も同じ気持ちで御座います。



そして樋口監督。
「(先の事は)まだ言えねぇ~」と辛い表情。色々とおありな模様。
開田さんも「まだ、ちょっと口外できない事がある」とコメント。
※「キングコング」の時も中々言えなかったそうな。友人にも…。

樋口監督、このイベント中に開田さんに促され、何度も喋ろうになり
「あぶない!」「言えないよ~。誘導されそうだっだよ~」と笑って
おいででした。

こういうのも、イイですよねぇ~。



1500円で映画2本観られる名画座。いまや少なくなってますから。
また面白そうな映画の併映あったら是非行ってみたい。

何と言っても今は「シン・ゴジラとキングコング」ですからね!
16日まで上映してるから「もう一度シンゴジラを劇場で」と思う
人はゼヒ行きましょう。

※当初「関係者以外の録音・撮影は禁止」でしたが、宣伝を条件に
 オッケーとなりました。

イベントの終了が告げられ、「宇宙大戦争マーチ」で御三方は退場。
満場の拍手は何時の間にかマーチに合わせた手拍子になっていた。
※というか、登壇者が音頭を取っていましたよ



「バトルトーク」と言いつつ、壇上も館内も和やかなムードで、
樋口監督も「ここに居る人たちは味方だからさぁ」と気を許して
くれておりました。
※「言えない事・・・」は大人の事情ですからねぇ

ロビーには開田氏と樋口監督の合作サインあり。
スタッフから「皆さん見ていって下さい」の案内あり、ファンは喜んで
イラスト入りのサインを写真撮影。

※なんと床には縮小版ゴジラの足跡のありましたよ!

アンケートには「見てみたい併映リクエスト」あり。



個人的には、目黒シネマで「この世界の片隅に」を見たいなぁ。
ぜひ「アリーテ姫」と併映で!
アットホームな雰囲気が、とても似合うと思うよ。

逆に「シン・ゴジラ」をイオンシネマ幕張新都心9.1CHでも見たい。
物凄い迫力になるだろうから。



以前、串田アキラさんのR&Bライブを観に行った時、真ん前を通って
気にはなっていた目黒シネマ。

今回おとずれる事が出来て嬉しかったです。

また来たいと思わせてくれる映画館ですよ!
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目黒シネマ「シン・ゴシラ ト... | トップ | 「題名のない音楽界」今週は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。