川端誠司ブログへようこそ

シンガーソングライターです。オセロが趣味でユーチューブで選手宣誓の場面を見れます。川端三段と打ち込んでください。

「男たちの全力疾走2017クリスマスバージョンロンドン世界陸上編」

2017-12-23 20:00:00 | 男たちの全力疾走
選手入場!
ゲートから各チーム4人の選手たちが
次々に入場してくる!
全8チームの入場!
そこに日本代表の姿もあった!

誇らしげな笑顔!
選手皆がこの舞台に立てた喜びに満ちていた!

2017世界陸上ロンドン大会!
場所はロンドンオリンピックスタジアム!

今までの競技はここに向けての序章だったのかもしれない
女子、男子400メートルリレー決勝!
そしていよいよ男子400メートルリレー決勝を迎えた!

4選手の「走」と「バトンパス」の融合!
この大会でも1600リレーで2回のバトンミスがあった
ましてや400メートルリレーだ!
何が起こるかわからない!

日本の4選手は全員で礼をしての入場!
そして選手たちは散っていく、各選手のスタート地点へ!

日本は決勝のアンカーに藤光を起用した!
予選では桐生からケンブリッジへのバトンパスに
やや難があった それを考えての変更か

日本は決断のチーム!
アンカー変更を決断した!
日本のアンカーは藤光!

藤光に当たった光!
スーパーサブ藤光!
長く待った男の出番がついに来た!

「オレはやる!」
「絶対にやってやるんだ!」
藤光の自分自身への誓い!

サングラスと髯のスプリンター藤光、ついに始動!
夜の決勝はサングラスを外しての戦いだ!

6レーンにはフランスがいた
アンダーハンドパスの先輩国フランス!
日本がアンダーハンドパスの先輩国フランスと
堂々決勝で相まみえる!

アンダーハンドパスの先輩国フランスと
後輩国日本との直接対決の実現!
藍より青くの陸上リレー版になるか!
いよいよレース開始だ!

オンユアマークス!
各国第一走者が位置に着いた
セット! そして・・
号砲鳴る!

レーススタート!
満を持してスタートを切る
各国一走たち!

多田がいた!
大外9レーンを走る!

誰も追いつかない追いつかせない
多田のロケットスタートからの飛び出し!
多田が前を向いてグングン走る!

彗星のごとく陸上界に登場したシンデレラボーイ!
多田!
6月の日本選手権では堂々2位!
アメリカ合宿でジャマイカパウエルからアドバイスを受け、
徹底してスタートを磨いた多田!
その磨き抜かれたスタートが
この大舞台でさらに輝いた!
多田がその実力を遺憾なく発揮して走っていく!
そのまま二走へのバトンパスへ!

二走飯塚が行く!
二走のやることはいつも同じ
好位置のキープ!
強豪国の二走はまだずっと後ろだ!
飯塚、去年のリオに続いてリレーの代表に
なれた喜びと責任をかみしめながらの激走だ!

4レーンアメリカは百の覇者ガトリンが二走を走る!
ガトリン2冠をめざしての戦い!

北京五輪ではドイツが大外を走り、その力強い走りが
世界を感動させた
黒のユニフォームが印象的なドイツ!
今回は日本も黒地のユニフォームを採用した

大外9レーンを走る漆黒の弾丸特急!
日本代表!
サンライズレッドを表わすもう一色の赤が
ユニフォームの中で映えていた

そしてバトンは三走へ!

三走桐生始動!
大外9レーンを爆走する桐生!
桐生の並外れたコーナー疾走力!
今回もそのままの桐生だった

もどかしさ!
抜きたいが大外なので抜けない!
でもどこかの国が大外を走らなければいけないんだ
桐生、冷静な走りへの特化へ!
しかし7レーンのホスト国イギリスが
グングン伸びて桐生に迫ってきた

イギリスは大観衆の声援を追い風にして
日本を追っていく!
もてなしの母国イギリス!
しかしここではライバル国に牙をむいた!

カメラアングルが間近に桐生とイギリス三走タルボットを捉えた!
カメラから見て近い方が桐生、遠い方がタルボット!
逃げる桐生、インから迫るイギリスタルボット!
大地を蹴る両選手の力感が伝わってくる!
走る両ランナー、堂々の雄姿!

そしていよいよ三走からアンカーへのバトンリレー!
各国ラストバトンパス!

各国アンカー始動!
イギリス、アメリカ、ジャマイカの各国アンカーが
次々にバトンを受け、走り出していく!

イギリスアンカーは前を向いてのバトンリレー、
アメリカアンカーはバトンを瞬間目視してのバトンリレーだ!

日本はアンカー藤光が始動!
日本は4番手!
藤光がゴールをめざして
ホームストレートを駆け抜ける!
ニヒルなアンカーマン、藤光の激走!

ジャマイカのアンカーはボルト!
ボルトの競技生活最後のレース!
ボルトの胸に去来する万感の思い!
そして、ボルト始動!

「ボルト、感動のラストラン!」

しかし少し走ったところでボルトに突如アクシデント発生!
ボルトが走りを中止した
足が吊ったのだ!
ボルト、無念のリタイア!

その横を藤光が抜いていく!

フランスのアンカーはルメートル!
ルメートル始動!
リオでは日本製のスーツを着て二百を戦ったルメートル!
今回はリレーで日本との戦いだ!

イギリスアンカー、ミッチェル=ブレイクが飛ばしに徹した!
走れ、イギリスアンカーよ!
ゴールへ、疾風の如く!

そのままイギリスがトップを守り、1着でゴール!
ホスト国イギリス、堂々の優勝!金メダル!

2位はアメリカ、アメリカ銀メダル!
続いて日本藤光がなだれ込むように3位でゴール!
日本銅メダル!

日本はケンブリッジとサニブラウンがスタンドで見守る中、
4選手が見事な快走を見せ、
銅メダルを勝ち取った!
日本は昨年のリオ五輪に続いてのメダル獲得!
大きな仕事を成し遂げた
4選手の笑顔がさわやかだった!

ジャマイカの国旗が揺れていた
ボルトのラストランは大変残念な結果となったが、
その走りの感動は永遠のものである!

今回も日本代表は本当に強かった!
日本のリレーは世界大会では3個目のメダル!
世界陸上では日本は初のメダルだ!

すべての出発点は「チャレンジ」!
アンダーハンドパス!
日本はアンダーハンドパス採用が北京で実を結び、
リオで大輪を咲かせ、このロンドンでは銅につながった

これからも日本代表はチャレンジャーとして
世界と戦っていく!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 新年挨拶 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

男たちの全力疾走」カテゴリの最新記事