SAKURA Artsalon Tokyo

株式会社サクラクレパス主催の絵画専門カルチャースクールサクラアートサロンです。

売り場に並ぶ水彩紙・・・何を選べば良いか解らない。その悩みを解決します!!

2017年04月19日 | アートサロン東京よりお知らせ

水彩画の制作を楽しむ皆様なら、一度、いやいや案外常に答えを探して迷っていることと思う

「水彩紙」の事。

4月24日(月)の画材研究講座で、解決させましょう。

 

水彩技法まるわかり <画材研究透明水彩>

 

 案内申込書表示

テーマは、「失敗しない紙選び」です。

 

画家は、描くモチーフや技法にあわせ、使用する紙を変えて描きます。

それは、水彩紙の特性を熟知しているからこそ。

 

今使っている紙では、色の乗りや発色がいまいち・・・

ぼかしが上手く行かない・・・

表面がザラザラ毛羽立つ!

などなど、紙の事を知れば解決することばかり。

さらに、

もっ光を際立たせる白さがほしい!

重ね塗りに耐える紙が良い!

など、もっと「◯◯したい」にも、答えが出ます。

今回、違いを体験する水彩紙は、定番ながら特徴的な

「ワトソン紙」

「ホワイトワトソン紙」

「ウォーターフォード」

「ランプライト」

「モロー水彩紙」

 

と、今、話題の水彩紙

「キャンソン・ヘリテージ水彩紙」

も、準備。

絵具や筆のように、水彩紙にも驚くほどの違いがあります。

 

使い比べることで、何となく感じていた違いがより鮮明になります。

これだけの種類を試せる機会は滅多にありません。

ぜひ、お見逃しなく!!

 

詳細はホームページよりPDFファイルをダウンロード頂けます。

 

その他、お問合わせやお申込みは下記より

いつでもお気軽にお問い合わせください

 

電話番号 03-3351-2321

FAX番号 03-3356-1450

メールアドレス artsalon-tokyo@craypas.co.jp

 

(大統領)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アートサロンの講師、スタッ... | トップ | 今週の日曜日はチケット制野... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む