SAKURA Artsalon Tokyo

株式会社サクラクレパス主催の絵画専門カルチャースクールサクラアートサロンです。

画材研究「透明水彩」の様子

2016年12月20日 | 教室紹介

昨日行われた画材研究「透明水彩番外編―」の様子

 夜景の描き方 ⋯光る物・照らされる物⋯

 講師 守田篤博 先生

 

講義から初めて、先生のデモンストレーションになります。

 

光の部分にマスキング液を塗っておきます。

 

全体に濡らしながら描き進めていくようです。

 

乾かしてから描くところもありますよ。

 

マスキング液を剥がして、、、

 

完成です!

 

 

ここからは、皆様の制作になります。

今回は、写真を見ながら描いていきます。

 

マスキング液はしっかりと乾かします。

 

徐々に暗くしていくようです。

 

暗くし過ぎてもダメなようですね。

 

乾かして、シャープな部分を作っていきます。

 

一人ずつの講評で終了となりました。

皆様お疲れ様でした。

 

 

次回の画材研究「透明水彩―番外編―」

2017年1月9日(月)  10:00~12:30

お正月モチーフ ⋯郷土玩具を描く⋯

講師 守田篤博 先生

¥3100

 

どなたでも御参加できます。

よろしくお願い致します。

 

 

 ~お問い合わせ、お申し込み~

電話番号 03-3351-2321

FAX番号 03-3356-1450

メールアドレス artsalon-tokyo@craypas.co.jp

 

 

 

(あめちゃん)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画材研究「透明水彩」の様子 | トップ | 舞扇子作りの様子 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む