SAKURA Artsalon Tokyo

株式会社サクラクレパス主催の絵画専門カルチャースクールサクラアートサロンです。

「森吉健先生」の講座を紹介します

2017年07月16日 | 教室紹介

暑さが本格化してきました。

スマホやネットの情報コーナーで、「エアコンの省エネ術」などのタイトルを思わず開いてしまうのも、私だけじゃないと思います・・・。

読むと

「つけっぱなし派」「全自動派」「28度設定派」などなど・・・。

扇風機併用まで色々あり、どれが良いか迷ってしまうと、感じる方も、やっぱり私だけじゃないですよね。

 

さて、その暑さと直接関係があるわけではありませんが、森吉先生の講座をご紹介します。

 

◆毎週日曜日 10:00-12:30 「デッサンを学ぼう」講座 講師:森吉健先生 新作家美術協会委員◆

丁度、受講生の作品を指導しておりましたので

油絵で、睡蓮の池を制作中です。近景の葉は一枚づつ描写していくように説明しておりました。

その時の色選びや描き方などを、見せてくれますので難しい作業も迷うことなくススメられます。

 

こちらは、講座名の通りデッサン制作をしております。静物モチーフを置いて、立体感や質感を鉛筆で描写し表現していきます。

 

その他にも

水彩画から

油絵も、色々な画材で制作して頂けます。

 

これから、絵画制作を始めようという方には、鉛筆デッサンから始めて頂き、油絵にも水彩画にもステップアップしていける教室です。

今日はご紹介できなかった、パステル画も制作頂けますので、何から始めると良いか迷っている方に特にオススメの教室です。

まずは、見学・体験からお気軽にお問い合わせください。

 

そして、森吉健先生の指導による人物画講習会のご案内。

 

佇まい、仕草・・・日常的に見られる自然な瞬間(ポーズ)を捉え、表現するための「2日間人物制作」です。

日常的と書いたものの、今回は「刺繍をする女性」をテーマにしました。

モデルが座るだけのポーズとは違い「刺繍をする」というと、慣れない方にはちょっと非日常的要素のある設定ではないでしょうか。

プロポーションの正確さも大切ですが、佇まいや仕草を表現することで、絵を見る人の創造を刺激する物語性のある作品制作を楽しみましょう。

物語性と言われるとちょっと、難しい内容と感じますが、時間に余裕のある「2日間制作」と「森吉先生のポイント毎のデモンストレーション」により、どなたでも安心してご参加頂けます。

 

残り席僅かとなっております。

ご希望の方はお早めにお問い合わせください。

 

講座のご見学・体験、講習会のお申込みは下記より随時受付中!

 ≪ お問い合わせ・お申込み先 ≫

 電話番号 03-3351-2321

 FAX番号 03-3356-1450

 メールアドレス artsalon-tokyo@craypas.co.jp

 メールフォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/f385445c241622

 (大統領)

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 版面を見ているだけでも、興... | トップ | 8月のアートサロン特別講座の... »
最近の画像もっと見る

教室紹介」カテゴリの最新記事