アート科学つり情報
旬の釣り情報をアート科学がお届けします
 



 連日の猛暑日、体調管理には気を付けたいですね。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回のつり情報は、大洗の潮干狩りと霞ヶ浦のタナゴについてです。
 8日は、大潮ということもあって、早朝から大洗サンビーチ(第2サンビーチ)に潮干狩りに出かけてみました。朝6時、まだ潮が下げている途中だったためか、サーファーは多いですが、潮干狩りをしている人は、ほとんどいませんでした。波打ち際は、小型ばかりでリリースサイズ。膝ぐらいまで入ったところで、砂を掘るとやっと4センチほどのハマグリを発見。その後は、4センチ前後を中心に、たまに5センチオーバーも。2時間程で、酒蒸しと汁物にするぐらいの量を確保して終了としました。15日は、いよいよ海開き。海水浴をしながら潮干狩りも良いかもしれません。大洗サンビーチで潮干狩りが出来るのは、第2サンビーチのみとなっています、またサイズや量、道具についてのルールもありますので、大洗町のホームページでルールを確認して、潮干狩りを楽しんで下さい。

 午後からは、霞ヶ浦へタナゴを狙いに。14時過ぎに行方市の湖岸に着くと、すごい暑さでした。今回は、ホソではなく、本湖で竿を出すことに。仕掛けを落とすと、すぐに反応があったのですが、チチブ。棚を浅くして、やっとバラタナゴのメスをキャッチすることが出来ました。その後は、まだ婚姻色の残るオスもキャッチ。数は出ませんでしたが、型も良く、色も綺麗なバラタナゴを楽しむことが出来ました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 2017年6月29日...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。