ブルースカイ Bluesky カスタムブル Customblue MTB/PC/CAR大好き人間。たまに、旅にも出ます。

アーティスティクシステム 代表者 芝先秀記 Artisticsystem Owner HidekiShibasaki

カスタムブル洗車フルセットする。

2007-06-26 14:57:13 | 日記・エッセイ・コラム

カスタムブル洗車フルセットする。

 昨日、カスタムブル、洗車、シャンプー、7ヶ月コートをしてやった。

きれいになってくれた。

 シャンプーや7ヶ月コート名は、伏せておきます。いいものたげに伏せておきたい。

 7ヶ月コートは、7ヶ月も持たない、やっぱり・・・・

今回は、3ヶ月くらいで、コートしなおしになった。

 前回は、5ヶ月持ったような気がする、雨が多い少ないありますからね。

本格的な、梅雨がくる前に、コートしておくと、梅雨の時期を乗り越せるので・・・という、考えでした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっとオイル交換をした。

2005-09-15 18:31:32 | 日記・エッセイ・コラム
 昨日、カスタムブルに、やっとオイル交換をした。
走りがどう変わるか楽しみだ。
 いつものように、ドレンコックから抜いて、オイルフィルターも当然交換。
その模様をデジカメでavi動画撮影。
 こんな感じ・・・・


 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エネルギーや食料の節約

2004-12-17 06:21:06 | 日記・エッセイ・コラム
 世界の人口が、増えるにつれ食料・エネルギーの問題が重視されてきます。
 それなのに、今、エネルギーや食料が限られた中で生活している人たちに、わざわざ、資本主義や民主主義の属国にして、エネルギー・食料をたらふく食らい無駄にする生き方をおしつけるのも問題かも。
 逆に、われわれが取り入れたりすることにより、かつて日本人が持っていて、失ったものを取り返せるのではないでしょうか。
 また、過去の例をとると旧東ドイツを受け入れたドイツは、大変経済難になったと聞いています。われわれにも受け皿が軟弱な上、世界の進むべき道が、100パーセント私たちが示しているとは言い切れないと思います。苦しい生活を強いられている国の方に、冷たいようですが、それはその人たちの生き方で、その中でいかに満足して暮らしていけるかが問題では。あまり資本主義を見せびらかし、不満を残す人生ではその国の人が逆にかわいそうですよ。そのための鉄のカーテンがしかれていたのかもしれませんね。目の毒を見せたくなかった・・・・・
 ただ、武力による他国への侵略や脅迫は見逃せないのは事実ですが。他国をすべて否定できないのも、また、事実です。
 さらに、世界の人口と食料とエネルギーの節約と管理が必要だと思います。そうでもしなければ、これから先大変なことになっていきそうです。そんな心配に駆られます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3人集まれば文殊の知恵。

2004-12-16 19:52:23 | 日記・エッセイ・コラム
 3人集まれば文殊の知恵。と言うことわざがありますが、世界が向かおうとする危機を救えるとしたら、みんなのよい意見を聞き、改革していくことだと思う。民主主義、共産主義、・・・・いろいろあると思いますが、よい意見やよいところを互いに認め合い解決できればいいと思う。 全部が全部改革は無理でも、少しずつ、互いの方に偏っていくことは、可能かもしれない。 今、世界や資本主議、民主主義の欠点を映す鏡が、どこかの国にあると思う。 こんなことを書いている私も、資本主義の民主主義ですが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦争とは・・・

2004-12-16 19:30:23 | 日記・エッセイ・コラム
 戦争とは、アメリカの行おうとする自由。敗戦後、日本人は多大なる恩恵をアメリカを中心とした連合国軍に受け今日の、繁栄を遂げてましたが。しかし、アメリカがイラクや北朝鮮に行おうとするものは、それらの国が、第3国を侵略しようとすることを阻止するのが、主文であるべきで、イラクや北朝鮮に対し、内政の改革まで、資本主義や民主主義を押しつけることは謁見行為の何者でもないと思う。
 世界の人口や食料および、エネルギーのバランスを考えると、全体的な、考え方も必要では、そこに、旧ソ連や共産主義のいいところがあるかもしれない。だとすれば、それらの国に対し、すべてを否定できない。侵略行為こそ、悪であって、断固たる行為にでるべきだとおもうが、その国には、その国の伝統や文化・生き方などあり、他国を侵害してはいけない。皆様はどう思われますか。
 1945年に回答はすでにでていると思うのですが。ナチの悪は、自分の国だけが、繁栄し、他国を侵略することでした。ただ、そこには、資本主義への反抗という自己中な言い分もあったみたいです。あれだけの人たちを動かすことは、それだけの理由があったのでしょう。 私の思う回答とは、他国を武力による侵略は、一切許されない。どんな理由があろうと・・・・これだけはいえると思う。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の一句

2004-11-17 00:00:44 | 日記・エッセイ・コラム
ASOWNERMINO秋深し、箕面がきれい、紅葉が。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

負けて勝て という言葉がありますが・・・

2004-11-09 06:28:57 | 日記・エッセイ・コラム
 負けて勝て、という言葉がありますが、私は、営業などの時に、お客様の無理を利いてあげたりして、少し恩を売って商品を買ってもらう。というのもあてはまると思ってました。
 あと、完全犯罪級の世渡り上手な人は、対象者より自分が、かわいそうに見えるようなみすぼらしい姿をしたり、対象者がさも自分より、優れていてじまんしていると噂を流し、自分が負けていると同情心を世間に与え、対象者を四面楚歌にする上級者がいたりします。
 また、負けて勝て、あまり無理を利き過ぎて、その人たちに都合の悪い人間になりすぎると、その人たちから逆に消されることもあると思います。負けて勝て負けすぎたら殺される。という逆に不幸のどん底になる場合も・・・・
 今日は、ホラー的な自論を入れてみました。皆さんもご注意を・・・
  
 
 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒートジェネレーションには勝てない。

2004-07-30 02:57:23 | 日記・エッセイ・コラム

暑い、夏男と自称するが、暑い。

 ****お詫びが正しいよびな、ヒートアイランド現象でした。ヒートジェネレーションでなく。20110503追記。でも、いつも車のボンネットをあけると、熱い熱が出てきて、この熱いったいどこにいっているのと思ってましたね。 やっぱり地球をあっためてたんですね。あと、エアコンの室外機の廃熱。****
ヒートジェネレーションのせいだ。
ヒートジェネレーションとは、都市部などで、車やエアコンの廃熱やアスファルトの蓄熱効果などで起こるらしい。
それらが、都市部を暖めているらしい、10年位前から知識としてしっていたが、最近また、ニュースでやっていた。
 家の中では、エアコンは使わないが、車の中では、暑いので、つけてしまう。
これは、夏男として、負けたことになるのか・・・・
 一度、1月くらい都市部、交通量を減らし、エアコンを停止してみたい。必要最小限の範囲で。(人命に関わるようなことは別として)科学的実験をしてみたい。
 逆にエアコン使わなくて過ごしやすくなるなら、何か考えなくては・・・・
 また、エネルギーの確保に、原発など使われているが、核廃棄物の処理にフランスを使い、たまに報道される事故や日本の清らかな土壌を汚す現状を考えると、効果があるなら実行したくなる。
 さらに、全体的な考え方も必要では、人が好き勝手に生きるのに必要じゃなくて、全体的にこれだけしかないから、みんなで分けて使おうという考え方も。そうでもしなければ、エネルギー消費の削減など(京都議定書)不可能では。先進国日本の生き方も考え方も変えなければ、未来は変わらない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の朝、昔を思い出しました。

2004-07-18 00:38:59 | 日記・エッセイ・コラム
 昨日の朝、車が脱輪しみんなで脱出作戦をしていました。そういえば、若き頃、営業の先の初めての細い道で、又、大きなトラックの対抗車もあり、脱輪し付近の数人の方に助けてもらったことを思い出しました。場所は堺方面でした。何も、お礼もできず、仕事に帰っていきました。恥ずかしい。そういえば、いい思い出もよくなれ大阪・・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2004-07-07 05:56:47 | 日記・エッセイ・コラム
夏、今年も、気配を感じてきた。
暑く汗をかくのが気持ちいい。
晴れている夏の日が好きだ。体中にエネルギーを感じる。
夏男といわれたい・・・・
このまま晴れてほしい。水不足は困るが・・・・
飾りだけのエアコン。
家の中では、エアコンなんていらない扇風機で十分だ。
エアコンの電気代浮くけど、最近気になるパソコンの電気代。
夏、いつまでもいつまでも夏でいてほしい。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルースカイの由来

2004-04-01 06:19:56 | 日記・エッセイ・コラム
ブルースカイの由来は、乗っていた車たちの名前を合わせたものです。今まで乗った車への感謝の気持ちをこめたいのと、また、それだけではなく、いつもこんな気分でいたいという願望でもあります。そんな私の、独り言を書いていきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加