眉山の麓~犬と話し、猫に聞く(共存共生)ひまわり人生~微笑(^_^) nanako巫女

苦難は必ず活路を伴っている。
入りそめて国豊かなるみぎりとや千代
とかぎらじ仙台の松。念ずれば花開く過去の花未来の蕾

錆びたナイフ、石原裕次郎。昭和33年です。

2017年07月31日 03時48分14秒 | 犬と話し猫に聞く。
胸にじんとくる小島の磯だ。男泣きしたマドロスだ。大浜海岸で砂を握りながら。おれもここまで泣きに来た、同じ思いの旅路の果てだこの歌の時に今のこの年を認識出来ていたら・・・波乱万丈の幕開けの始まり。我が家の雑草のごとき  心境  必死で生きた人生の幕引きはオペの失敗にありました。ベ-スに糖尿の影あり。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏草やつわものどもの夢の後。 | トップ | エアコンバカ売れ・・コツは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

犬と話し猫に聞く。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL