アートセンター歯科のスタッフブログ       078-231-1115

神戸市中央区の歯科医院 アートセンター歯科のスタッフが診療のことはもちろん、プライベートについても綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初めまして❤️

2017年09月18日 | 徒然日記

皆様、こんにちは。

6月からアートセンター歯科に仲間入りしました、持石沙織と申します。

アートセンター歯科に来てから、まだ3か月くらいですが、いろんな患者様にお声掛け頂き、とっても嬉しく思っております。

私は、広島県出身で、大学の時に初めて神戸にやってきました✨

神戸の街は、とってもオシャレで、華やかで、自然もいっぱいあって、人もあったかくて、すぐに大好きになりました(^^)

それから10数年、、、神戸にずっと住んでいます(^^)

エステティシャンの経験を経て、歯科医療業界に入りました。

美容業界と歯科医療業界、業界は違いますが、この2つに共通する事は、予防がすごく大切ということです。

歯は一生ものです。1度虫歯になったり、歯ぐきが下がってしまうと、元には戻れません。歯を失ってから、後悔されている患者さんもたくさん見てきました。

お口の健康は後回しにしがちですが、人生は1度きりです✨

アートセンター歯科にご縁のあった方には、何歳になっても、お口も身体も心も健康でhappyな人生を送って頂けるように、これから頑張っていきますので、よろしくお願いいたします❤️

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめまして˚✧₊⁎自己紹介⁺˳✧༚

2017年08月27日 | 徒然日記

☆自己紹介☆

 

初めまして☆

四月からアートセンター歯科で勤めております歯科衛生士の大塚と申します(^-^)

 

まずは自己紹介♡

熊本県出身で10年前から関西に住んでいます。

関西に来た頃は大阪で朝マンションのエレベーターに乗っていてたまたま一緒に乗ったおばさまから、又、電車で隣に乗っていたおばさまから「あんた!これたべぇっ。」と飴ちゃんを頂いて驚いた覚えがあります(^O^)

兵庫へ来てからもう5年になりますが兵庫の方はとても気さくで上品な方が多く、笑いで元気に生きている印象があります。

私は神戸が好きです♡自然と都会の融合具合が絶妙ですね^_^

将来は海か山側に住んで大型犬を飼い出勤前に散歩するというのが夢です^ ^

実は実家(熊本県の阿蘇山の近く)でも犬を飼っていて、ボクサーとフレンチブルドッグを飼っています\( ˆoˆ )/ ボクサー犬は珍しい犬種ですが、具志堅用高さんが飼っているワンちゃんと同じ犬種です^ ^

 

写真はこちら♡

 

どうでしょう!笑

御察しの通り私の家はブサカワ専門の愛犬家です^ ^ 是非犬好きな方、大塚にお声掛け下さいね、語りましょう!

 

そんな大塚ですが、お口の健康のみならず、皆様が自分らしく健康に生きていくお手伝いするためにも日々学び、元気に頑張っていきます\(^-^)/

どうぞこれからよろしくお願いいたします☆.。.:*☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3%からの自己重要感٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

2017年08月08日 | 徒然日記

人1人の全体重を受けて支えているのは

人の目につきづらい、

自分でも意識しづらい(私だけかもですが)足の裏。

そして、
からだの皮膚の割合からすると足の裏の皮膚割合は
3%。

この3%の足の裏がなかったら、

自分の足で立って、歩いていくことはできるでしょうか?

 

そして、

人1人の28本の歯に炎症が起き、5〜6mmの歯周ポケットがあるとすると、

その炎症の大きさは、手のひらの広さになります。

もし、朝起きて鏡を見た時、

自分の顔にそのサイズの炎症が起きていたら、通常の生活を始められるでしょうか?

 

そこで...

「自愛」とは

自分を大切にすること。

自分の健康状態に気をつけること。

自己重要感とつながっています。

自愛、自己重要感が満ちているからこそ

家族や大切な人たちへの「慈愛」につながります。

 

ちょっとだけ、自身のからだのことを今よりもっと

大切にしてみませんか(^ ^)。

きっと、たぶん、やってみたら

気がついたらいい具合になって嬉しく過ごしてたりするんだろうな〜って想像しちゃってます。

どうか、

ご自身を、蔑ろにしたり、

後回しにしないでくださいね(ᵔᴥᵔ)

 

♪皆さんと共に、健康で佳くいられる手だてを、
アートセンター歯科スタッフ全員で、
ワクワクしながら、いろいろな分野から学び続けています。

これから、さまざまな形で発信させていただきますので、
楽しみに待っていてくださいね(๑・̑◡・̑๑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暑い季節になると・・・

2017年07月18日 | 徒然日記

 

こんにちは。

DA松浦です。

 

暑い季節になりましたね。

皆様体調は大丈夫でしょうか?

この暑い季節、夏バテしないようにと黒酢、リンゴ酢など

お酢を体調管理のために飲まれる方も多いと思います。

私もこの季節になると母親が梅酢を毎年作ってくれるので、それを毎日飲んでます。

 

そのお酢を健康のために飲むことでの注意点があります。

多くの方が知っていらっしゃるとは思いますが、

お酢を飲むとお酢に含まれている酸が原因で歯が溶けてしまい

酸蝕歯と呼ばれる症状になります。

 

進行すると歯がしみたり、虫歯のような痛みがでたりします。

 

そうならないよう対策として、

飲んだらすぐにお水やお茶でしっかりとうがいをします。

私も飲んだらすぐにうがいをする事を習慣にしてるので、慣れればすぐにくせになると思います。

 

 

しっかりと夏バテ対策をして、元気に楽しく夏を過ごしたいですね(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どれくらいもつ?

2017年06月17日 | お知らせ

「この詰め物はどれくらいもつのですか?」

よく患者さんから聞かれます。

 

それに対する答えになるデータがあります。

1995年に、わたくしの母校の岡山大学の予防科が、厚生労働省からの依頼で調査しました(保険診療)。

 

 

レジン充填 5.2年

インレー 5.4年

鋳造冠 7.1年

アマルガム 7.4年

ブリッジ 8年

 これをご覧になって皆様はどう思われたでしょうか?

「え!それだけしかもたないの?」

「保険ならそれぐらいもてばいいんでは?」・・・・

 

もちろん、これは平均なので、もっと短期間で脱離や二次う蝕になるケースもあります。

実際、臨床では少し古めのレジン充填や銀の詰め物、銀のかぶせを除去すると、そのほとんどに何らかの不具合が見られます。

上の写真ではセメントが劣化して腐敗臭がしました。

漏洩が生じて、歯根が感染して根の先に膿がたまっていました。

 

これは保険の土台です。

金属がサビてますね。口の中では数時間でサビる素材です。

 

 このように、

接着しているセメントが劣化して隙間ができてむし歯になっている、

裏打ちに使用した材料が劣化している・・・・など。

きちんとデータを取ったわけではありませんが、おおよそ80-90%以上に問題が認められます。

 

 

これは使用する材料に問題があるためです。

つまり、腐食しやすい金属(パラジウム合金や銀合金:日本の保険だけで使用)を劣化しやすい安価なセメントで装着するからです。

 

 

日本の歯科保健診療費は、世界的にみても非常識なほど安価なので(約10分の1)致し方ないところもあります。

その結果、再治療が多く、治療をする頻度が国際比較で約3-5倍になっているのが現状なのです。

 

 

治療してもまたダメになって再治療。

それを繰り返すごとに歯がなくなっていく・・・。

 

いわゆる「負のサイクル」です。

皆さんも経験があるかもしれません。

 

 では、自由診療なら絶対に永久にもつのでしょうか?

もちろん、使用する材料は最善のものを使い、最善の治療方法で行うので、保険診療よりも長持ちはします。

しかし、30年40年、あるいはそれ以上もつのか?と問われると「それはわからない」としか答えようがありません。

 

 

でも、いま現在でのベストの方法で治療を受けることは強くお勧めします。

それは、保険診療とは違い、確実に歯を失うリスクを低くすることができるし、再治療などの治療回数を確実に減らすことができるからです。

それからさらに、全身の健康に害が少ない治療法といえるからです(このことは別の機会に詳述します)。

ということで、古い保険の修復物は念のために一度はずして中を確認してみてはいかがでしょうか?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加