アートセンター歯科のスタッフブログ       078-231-1115

神戸市中央区の歯科医院 アートセンター歯科のスタッフが診療のことはもちろん、プライベートについても綴ります。

五月病を吹き飛ばせ!

2016年05月12日 | 徒然日記

皆様GWはいかがお過ごしでしたでしょうか??

帰省された方、旅行に行かれた方、お家でゆっくりされた方、仕事だった方など・・・様々だったかと思います

 

さて、既にご存知の方もいらっしゃっるとは思いますが、当医院は新神戸駅のすぐ近くという、緑に囲まれたとても気持ちの良い場所にございます

その新神戸駅の隣の布引ハーブ園という所をご存知でしょうか??

季節毎に様々なハーブやお花を楽しむことができます

 

そのハーブ園で、まもなくラベンダー&ローズフェスティバルが期間限定で開催されます

ラベンダーといえば安眠効果があることでよく知られていますが、他にも鎮痛作用があり、頭痛や筋肉痛、胃痛、月経痛などの体のあらゆる痛みを緩和する効果が期待できるといわれています。

また、免疫力強化の作用もあり、感染症などの予防にも役立つそうです

 

そしてローズには美容や女性ホルモンの調整作用はもちろんのこと、心を癒し、穏やかに元気を取り戻す作用があるそうです

自然のパワーはすごいですね

私も期間中にぜひ足を運んでみようと思っております

『五月病』を吹き飛ばしたい方も、ぜひお花の力を借りてみてはいかがでしょうか??

 

アートセンター歯科

真野

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク目前

2016年04月28日 | 徒然日記

 

 

気温が安定しない毎日ですが皆様体調は崩されていませんでしょうか?

 

もうすぐゴールデンウィークですね

どこか出かけられるご予定もあるかと思いますが体調に気をつけてくださいね

 

ゴールデンウィークの診療に関してですが、

当院は今年5月2日にお休みをいただいております。


そのため

5月1日から5月5日まで休診とさせていただきます

その間お電話等もつながらなくなりますのでどうぞよろしくお願い致します。


5月6日からは通常通り診療しておりますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

さて、先日私は歯周病学会のセミナーに参加させていただいたのですが

歯周病菌の移りやすさに改めて驚きました

当院にかかられている患者様はご存知の方も多いかと思いますが

歯周病菌はとても感染しやすい菌です

本人だけ除菌してもご家族の方が菌を保持されていればまたすぐに感染してしまいます。

今回のセミナーで私が一番驚いたのは歯周病菌を持っている方のくしゃみからでも感染してしまうとのこと

患者様からたまに、もう治すなんて無理なんじゃないの?などお声がでますが

歯周病に関しては治すというよりは歯周病菌を除菌してから

予防し続けることがなにより大切だと考えていただいた方がいいかと思います

 

どのように予防していくかと言いますと

皆様も一番浮かぶのはクリーニングではないでしょうか?

そうです

クリーニングは予防になります

クリーニングを行うことによって全て予防できるわけではありませんが

リスクはさがります!!

当院では歯周病菌の検査も行うことも出来ますので興味のある方はご連絡いただけたらと思います



 

当院では歯周内科治療も行うことができますのでもし悩まれている方がいらっしゃいましたら

一度お電話もしくはメールにてご連絡ください

 

 

 

 

アートセンター歯科

 田淵

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「プロバイオティクス タブレット」

2016年04月14日 | 徒然日記

皆様こんにちは

新生活が始まり忙しくされてる方も多いと思いますが、忙しくても健康で過ごしたいですよね・・

体の中には500〜1000種類以上、100兆個もの細菌が棲みついており、この数は人体を

構成する総細胞数(約60兆個)を上回っています。

 

細菌は種類によって人体に良い作用をもたらすもの(善玉菌)、悪い作用をもたらすもの(悪玉菌)、

どちらにもなるもの(日和見菌)があります。

これらのバランスは一人一人で異なり、同じ方でも食生活やストレス、医薬品、生活スタイル、年齢によっても変化します。

 

一般的に私たちが健康な時は、善玉菌が優勢な状態でバランスが保たれています。

 

善玉菌ときくと乳酸菌やビフィズス菌を思いつくかと思いますが、今回はお口の中の善玉菌を紹介します。

 

それが、「プロバイオティクス タブレット」です!

 

お口の中の善玉菌爛好肇譽廛好肇灰奪ス サリバリウスK12菌瓩タブレットに含まれており、

口臭、虫歯、歯周病、口内炎などの原因となる有害なバクテリア(悪玉菌)の増殖を抑制し、

口腔内の細菌のバランスコントロールを助けます。

 

爛好肇譽廛肇灰奪ス サリバリウスK12菌瓩聾の中の善玉菌なので口の中での定着がよく、

善玉菌を増やすことによって風邪菌など悪い菌をシャットダウンしてくれるので、

季節の変わり目に風邪を引きやすい方や、体調が悪くなりやすい方にオススメです。

 

またプロフレッシュと併用することにより、より効果的です。

口の中の菌のバランスを整えて、お口と体の健康を高めたいですね。

 

アートセンター歯科 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春ですね〜

2016年03月27日 | 徒然日記

スタッフの入れ替わりが続いておりまして、

申し訳ございません。。。あれ???と思っておられるかも知れませんが…

 

結婚や出産やおめでたいことが続いております。

担当させていただいておりました患者様においては

本当にご迷惑をお掛けしておりますが

どうぞこれからも宜しくお願い致します。

 

春といえば

 

春のお野菜!

 

今日はたけのこを米ぬかで茹でて

フキを茹でて

フキの葉をふきみそに

ウドを処理。

 

明日はたけのこご飯

たけのこ木の芽和え

フキの煮物

ウドのきんぴら

ウドの酢みそあえ

の予定です。

 

春野菜には強い香り苦みがあります。

植物性アルカロイド、ビタミン鉄マンガン亜鉛ゲルマニウムがあり

抗酸化力があり

活性酸素を除去

デットックス効果が期待できるそうです。

 

おいしく楽しく体に良いものにふれるこの春の恵みに

感謝しながら

調理し、頂きたいと思います!

 

アートセンター歯科

 

可児

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白砂糖の害

2016年02月11日 | 診療日記

本年も、立春を過ぎ、春の日差しを感じる今日この頃ですね。

 

アートセンター歯科では、昨年10月より衛生士の前田さんが産休期間に入り、同時期より衛生士の真野さんが新入社してくださいました。また、衛生士学校の学生さんである古川さんも助手としてメンバーに加わり、新体制で平成28年を迎えております。

 

随分久しぶりのブログ更新となりましたね。

 

今回は、最近読んだ本をご紹介させていただきます。

 

『白砂糖は魔薬!?』という、マンガです!!


このマンガを描かれたのは、いかにも歯医者の先生では?と想像されるかもしれませんが・・・、実は小児科の先生なのです。

 

真弓定夫先生といって、東京医科歯科大学を当時主席でご卒業され、小児科医院をご開業されてから、自然流子育ての指導により、子供たちの体を根本的に元気な丈夫な体に立て直す治療を続けておられる大変ご立派な先生です。

 

“砂糖を取ると虫歯になりやすい“とは、誰もが周知の事実ですが、では、砂糖の何がいけないのか???砂糖を取ると、体に何が起こるのか?となると、わからなくなってしまいますね。。

 

砂糖には、たくさんの種類がありますが、特に『白砂糖』は、精製過程で様々な薬剤を使用し、とことん精製化されているのです。

 

,気箸Δびなどを圧搾して糖蜜をとる

∪亞ァγ沙澄Π[音澄Π[音瀬スを使って、不純物を除去

ホウ酸鉛や塩素で透明にする

ぅ戰燭弔防止のためミネラル・ビタミンを取り除く

ケ酸や無機酸で漂白して真っ白にする

 

こんなに多くの薬品を使って出来ていたのですね!!!真弓先生は、白砂糖は化学薬品であり、白い麻薬とおっしゃっておられました。

 

そして、白砂糖を取ると、体に何が起こるのか???

カルシウムやビタミンB1が奪われます。カルシウム不足でむし歯や骨折しやすくなったり、骨粗しょう症、高血圧、ストレスからくる精神異常、妊娠異常。

ビタミンB1不足では、疲労・倦怠感、不眠や記憶力の衰弱、反射神経の鈍化、便秘、肩凝り。。。

さらに白砂糖の過食で、免疫力の低下、認知症、アレルギー症状。。。

 

『白砂糖』という単体では摂取していないから大丈夫!というわけではないようで、この白砂糖は、ジュースやチョコレート、キャンディーやクッキー、菓子パンなどに使われています。

 

私自身、お買い物の際に少しずつ気をつけていきたいと思っています。

 

子供から大人まで皆さまに読んでいただける内容になっています。医院に置いてありますので、ご興味のある方は、お声掛けくださいね。

 

アートセンター歯科 副院長 大西

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加