夏の雲

2017-08-13 | 日記

梅雨が明けても一向にすっきりしない天候が続いていて、そのままお盆になってしまった。一昨日は森の奥に佇むお墓の草取りをして、苔むして緑色に色づいた墓石をマイ・ペットでゴシゴシ洗って来た。年に一度の墓の周りをきれいにして、杉の大木の鬱蒼と林立する藪の遠景の中に墓を眺めると、一年という時間の早過ぎる経過を実感するのである。そして昨日は、長岡の中心街に出てホテルのロビーにあるブロンズの写真を撮りに行った帰り、久し振りに立ち寄った本屋でこの『藤原定家全歌集 上下巻』を見つけた。奥付を見ると、発行日が上下巻共2017年8月10日であったからこれはとてもフレッシュな本なのだった。文庫本でこういうものが読めることはとてもありがたいと思う。下巻の裏表紙の紹介文に定家 (1162-1241) の歌が書かれていて、それは

          たちのぼり南のはてに雲はあれど照る日くまなきころの虚 (オホゾラ)

というのである。僕は勘違いをして「ころの虚」を「こころ(心)の虚」と読んでしまったのである。こころの大空であり心の虚しさである、という風に虚と実の世界を表現している定家という歌人は面白い、と思うのだった。虚は定家の言う虚空の虚であり、空という虚しい虚である。夏の虚空は青く深く、夏の白い雲は南の空に立ち上りそのボリュームを一層白くしている。真夏の虚としての白さと青さを、太陽という実 (じつ) がアマネクテラスのである。実に自然も、虚と実の交錯した演出に他ならないのである。光は影があってはじめて光が鮮明するのであり、真実も虚によってより真実性が迫るのである。歌は演劇性があることで深く人の心に迫って来ることもある。思い付きにて、一首書き置く。

      たちのぼる真昼の雲に色を塗る こころの虚空をそめにけり

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕焼けの時間 | トップ | 夏の色 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。