店長君の独り言

オーダーカーテン・ロールスクリーン・プリーツスクリーン・ブラインド  神奈川県 カーテンミュージアム「ココだけの話し」

カーテンのお手入れ方法

2017年08月24日 | うんちく・小ネタ

みなさん、こんにちは

先日まで雨ばかりの日々でしたが、昨日、今日と、かなりの暑さですね・・・

みなさん、体調崩さないように気を付けて下さい

 

今日は、みなさんにカーテンのお手入れ方法をご紹介したいと思います

 

 

カーテンの汚れの原因は!!


部屋の内外のほこりや、手垢、タバコの煙等によるものです。

時間が経つと落ちにくくなるので、普段から汚れが残らないようにする工夫と適度な洗濯が必要です。

お部屋の掃除をするときに、カーテンにもハタキをかけたりしてもいいです!

また掃除機の先のアタッチメント(ホコリ取り)を付け、ホコリを吸い取ったり、丁寧にブラッシングするのも効果的。

(その際は吸引力を調整して生地をいためないようにしてください。)

ホコリのたまりやすいヒダの部分を特に丁寧にかけてください。

 

 

 

ウォッシャブルマークのついたカーテンは家庭用の洗濯機で洗えます。

それ以外の物は、必ずクリーニングにお出しください。

ご自宅で洗いますと、縮みや色落ちのトラブルが発生することもございますのでご注意ください。

カーテンには、取扱い絵表示がついていますので、必ず絵表示にしたがって洗濯してください。

 

1. まず、洗濯ラベルをチェックします

カーテンの裏に縫い付けてある洗濯ラベルで、洗い方を確認してください。

 

2. ホコリを払い、フックを全て外します

 

3. シワにならないように屏風だたみにします

4. ネットに入れて洗濯機で洗います

色移りしますので、他のものと一緒に洗わないでください。すすぎの際、柔軟剤を入れると風合いが良くなります。

5. 脱水

ドレープで1分、レースで30秒程度。脱水時間が長いとシワが取れにくくなります。

 

6. 干す

元のレールに吊り、乾かすのが一番良い方法です。
ヒダをきれいに整えて上、中、下の3ケ所位を軽く紐で結んで乾かすと美しいプリーツが出て、アイロンも不要です。
屋外で干す場合は日陰で乾かしてくさい。
乾燥機は使用しないでください。

7. アイロン掛け

必ず洗濯表示でアイロン掛けが可能かどうか、また適切な温度やあて布の有無を確認してください。

(※サンゲツ社 カーテンの洗い方参照)

 

カーテンを洗うのも大変ですが、ドレープは年に1回、レースカーテンは年に2回を目安に洗濯するといいみたいです。

その際洗濯するときは、必ず洗濯マークを確認してください

私も近いうちに洗濯してみます。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマンフトアゴトカゲ | トップ | 黒いストロー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。