SAKURA Artsalon Osaka

株式会社サクラクレパスが運営する絵画教室です。

日曜画材研究『水彩 画面構成・構図を考える』

2016年09月18日 | 一日教室

本日は日曜画材研究の開催日でした!

『水彩 画面構成・構図を考える(名画を分解・構築)』

講師は渡辺聡先生です。


渡辺先生本日もよろしくお願いします!

 

今回の講座は画面構成構図について学んでいきます

午前中は座学で、様々な絵画を例に出しながら講義を行います。

午後からは講義に基づき小作品を制作していきます。

構図とは風景の切り取り方であり、

構成とは作品の総体とも言え、作者の意図を示すものになります。

講習会タイトルにもあるように、名画を「分解・構築」して様々な構成の仕方を解説していきます。

例えば、

三角形の構図には「安定感」や「静か」といった印象があります。

また、逆三角形の構図にすると「非安定」や「動き」、「不安」といった三角形とは逆の印象を受けます。


渡辺先生作成の資料。名画と、それを分解して変化を加えて構成したものを並べています。

 

その他の構成として、

対立の構図 : 緊張感 ・ ドラマティック

囲い込みの構図 : 安心感 ・ 穏やか

といったものがあります

 

「黄金比」についての解説や、黄金分割といった絵画の画面構成の仕方などの説明もありました。

 

続いて小作品制作に入ります。

モチーフ写真にそれより小さく切ったトレーシングペーパーをあて、切り取る構図を決めていきます。

トレーシングペーパーは九分割されてあり、その線上交差点にモチーフがくるように配置します。

元の写真は古民家を少し遠景で捉えており、作品として描くにはパッとしない構図と言えます。

それを切り取ることでちょうどいい構図にして描きます

それぞれ構図が決まれば下描き⇒透明水彩による着彩になります。

この小作品では、講義で解説があったスーラの絵画『グランド・ジャット島の日曜日の午後』を参考に、

風景を「近景・中景・遠景」に分けて色彩の変化を意識しながら描いていきます。

 

渡辺先生も一人ずつ丁寧に指導していきます。

構図・構成といった理論的な作業が一通り決まってくると、あとは普段の水彩技法を活かした

制作に集中していきます。

皆さん少しずつ違った構図になることによって、作者の意志というのが感じられてきます。

 

素敵な作品ができあがりました!


生徒さんの完成作品です。

最後に先生が一人ずつ講評して回り、終了となりました!

皆さまお疲れさまでした

 

次回の画材研究は10/2(日)『物の描き方 初めてのアスファルトと車』です。

 

お申し込みはこちら

残席わずかとなってます!

 

皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

(まりも)

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏休み特別講習会の動画が完... | トップ | 永津照見先生の講習会動画が... »
最近の画像もっと見る

一日教室」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。